メニュー
スポンサーリンク




App Store & iTunesギフトカード(AppleID残高)で買えないもの

注意喚起

スポンサーリンク




コンビニや量販店で販売されている「App Store & iTunesギフトカード」を知ってる方も多いと思います。

このカードはいわゆる「プリペイドカード」の一種でレジを通した後に裏面のコードを入力するとAppleID残高として活用できるものです。

しかし、このAppleID残高はAppleが提供するもの全てに使えるものではありません。

利用できるのは「デジタルコンテンツとして提供されているものだけ」になります。

本記事ではそこを詳しく解説していきます。

この記事を読むとわかること

App Store & iTunesギフトカード(AppleID残高)で支払えるものとそうでないものが分かる。

目次

App Store & iTunesギフトカード はAppleのプリペイドカード

iTunesカード

コンビニなどでもよく見ることがあるこのカードですが簡単に言えば「プリペイドカード」です。

  • 固定の金額(1,500、3,000、5,000円、10,000円)
  • 任意の金額を購入できるバリアブルカード(1,500〜50,000円)

この2種類があります。

この金額を購入してiPhoneやMacの「Appstore」や「iTunesStore」にカード裏面のコードを入力すれば「残高」として利用できます。

AppleID残高で支払いできるものはデジタルコンテンツのみ

利用可能一覧

Appleの公式ホームページでは上の画像のような記載があります。

しかし、上の画像の中に書いた通り、iPhone、Mac、AppleWatch、それらの関連アクセサリは日本では対象外なのです。

ちなみに「ApplePay」の支払いにも設定することもできません。

ケチケチデンキ

対象国をもっときちんと明記して欲しい!

では、何が購入できるのか?というと

  • 音楽・映画・動画コンテンツ
  • iCloud ストレージの追加容量の月額利用料
  • AppleMusicの月額の支払い
  • iBooks Storeの電子書籍の購入
  • 有料アプリの購入
  • アプリ内課金
  • LINEサービス(スタンプやきせかえ)などの購入

ご利用内容を考えて購入を

困った

この手のサービスは一度購入すると返品や返金ができないものなので、利用できる用途を考えて課金をしてください。

私も勘違いをしていて以前の記事で「App Store & iTunesギフトカード」でiPhoneやMacといったハード商品を購入できるような案内をしておりました。

本当に申し訳ないです。

私も勘違いしたまま少し課金をしてしまったので、皆さんもお気をつけください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる