メニュー
スポンサーリンク




2021年版、初心者のMac選び(MacBookシリーズ、iMac、Mac mini)どれを選べばいいの?

スポンサーリンク




いろいろ悩んだ結果、Macを購入しようと決めた!

けれど、Macはもたくさん種類がある!どうやって選んだらいいの?

そんな壁にぶち当たっていませんか?

Mac欲しい子

電気屋さんに行ったりAppleのサイトは見たけど、選び方がわからない!

そのような人のために、この記事では

  • 何を基準に選んだらいいのか
  • どんな機種があるのか
  • どんな人がどのMacを使うことが適しているか

にお答えしていきます。

この記事を読めば「2021年の今、自分がどのタイプのMacがベストなのか?」がわかります。

この記事を読むとわかること

21201年秋、今のラインナップのMacの中で自分に合う機種がわかる。

目次

結論:性能ではなく「どう使うかで選ぶ」

結論

今はどのMacを選んでも性能面で困ることはほぼない!

現行のMacはどれを選んでも非常に高性能です。

9割の人はどれを選んでも問題なく作業をすることが出来ます。

ただ、一部のプロユーザーなどは「MacBook Pro」の上位モデルや、今回は扱いませんが「Mac Pro」を選ぶと非常に作業時間の短縮ができるというメリットはあります。ただし、これらの機種は価格面で高価な機種なので予算を出す価値が見いだせる人にのみおすすめです。

自分に合うMacの選び方

Macの選び方

上でも書いたとおり、性能面以外の部分を中心に選ぶべきです。

Macが欲しい子

そんな事言われてもMacにどんな種類があるかも全然分からないよ!

そんな人、必見!

上のチャートをたどれば自分にあうMacにたどり着けます。

それぞれの詳細は下にまとめていますので自分がたどり着いた機種のリンクを選択して見て下さい。

機種一覧(機種名のリンクから機種の詳細へ移動できます。)

①「M1Pro」or「 M1MAX」搭載のMacBook Pro

Apple公式より

現在発売されている中では最高スペックのノートパソコンになります。その分お値段も高めです。

14インチと16インチモデルが有り、さらにチップが「M1 Pro」とその上位にあたる「M1 MAX」から選択できます。

価格:239,800円~

メリット
デメリット
  • 性能面で妥協しない。
  • MacのノートPCの中では端子類が豊富。(USB-C、SDカード、HDMI端子など)
  • 価格が高い。
  • オーバースペックとなるユーザーも多い。

<購入先>

今は家電量販店やApple公式サイト以外では一部の商品しか注文できないので、ご注意下さい。

MacBook Pro M1 or M1MAX

②「M1」搭載のMacBook Pro

Apple公式サイトより

サイズが13インチなので、それなりに持ち運びも出来るバランスのいいモデルです。

価格:148,280円

メリット
デメリット
  • 性能・サイズ面、どの点から見てもバランスが良い。
  • ファンが付いているのでMacBookAirより安定した性能を発揮できる。
  • 接続端子がUSB-C端子が2つしか無いので拡張性が低い。

<購入先>

Apple公式だけでなく、Amazonや楽天でも購入できます。

2機種の差は保存容量の違いです。

③MacBook Air

Apple公式サイトより

このモデルはとにかく薄く持ち運びがしやすいモデルです。(画面サイズ:13インチ、重量:1.29 kg)

カラバリも他のノートMacより多く、学生などには非常におすすめなモデルです。

価格:115,280円

メリット
デメリット
  • とにかく軽くて持ち運びしやすい。(1.29kg)
  • カラーバリエーションも3色ある。(ゴールド、シルバー、スペースグレー)
  • 接続端子がUSB-C端子が2つしか無いので拡張性が低い。
  • ファンが無いので重い作業を長時間すると熱がこもりパフォーマンスが下がる。

<購入先>

Apple公式だけでなく、Amazonや楽天でも購入できます。

2機種の差は保存容量の違いです。

④Mac mini

Apple公式より

モニタもキーボードもマウスも全部自分で用意する人向けのモデルです。

モニタは一体型のiMacでは付け替えることが出来ないので、特にモニタにこだわりがある方にはこのモデルがおすすめです。

価格:79,800円

メリット
デメリット
  • モニタやマウスやキーボードを自分で選べる。もしくはいままで持っているものを再利用できる。
  • 本体だけなので人によっては価格をおさえることができる。
  • 端子類も豊富でUSB-Cだけでなく汎用性の高いUSB-AやHDMIポートがある。
  • モニタや、マウス。キーボード別で購入しなければならない。
  • モニタと一体ではないので配線がゴチャゴチャしやすい。

<購入先>

Apple公式だけでなく、Amazonや楽天でも購入できます。

2機種の差は保存容量の違いです。

⑤iMac

Apple公式より

24インチの一体型のデスクトップパソコンです。

モニタもマウスもキーボードも全て付いてるので新たに何も買わなくても良いことが魅力です。

カラバリも豊富で様々な部屋に合わせやすいです。

価格:154,800円

メリット
デメリット
  • 最低限必要なもの(モニタ、マウス、キーボード)が揃っているので、ひとまず何も買わなくてもいい。
  • カラバリが豊富で好きなカラーを選べる。
  • 一体型なのでメインモニタを変更できない。

<購入先>

Apple公式だけでなく、Amazonや楽天でも購入できます。

一番下のモデルがグラフィック性能が少し劣るのと、上位2機種は保存容量の差です。

また上位2機種でしか選べないカラーがあります。

最後に:購入の仕方

今回の記事では用途別:自分にあう機種と各機種の大きな特徴をご案内しました。

Amazonなどで購入してもいいとは思いますが、実機を一度も見たことがない人は一度、家電量販店やアップルストアの店頭で実機を見たほうが良いと思います。サイズ感や重量、画面の感じなど個々で感じ方が変わる部分も多々ありますし、店頭ならすぐに店員さんに質問をできる場合もあるからです。

いざ購入する際に「どこで買ったら良いんだろう?」「今買ってすぐに新しい機種が出たら嫌だな。」といった不安がある方は以前の記事で安く購入する方法や購入するタイミングについてまとめたものを書いているので、是非参考にしてみて下さい。

それでは、良いお買い物を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる