メニュー
スポンサーリンク




Series7発売!今さら聞けないApple Watchの各モデルの違いや価格の疑問を解決! 

スポンサーリンク




  • Apple Watchに興味はあるけど何が出来るの?
  • Apple Watchって種類がたくさんあるけど何が違いがわからない。
悩む

この様に感じて購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?

私もAppleのサイトを見て、「サイト自体はオシャレだけど結局何がどうなのか(値段差や性能差)、全然分からない!」

と感じてました。

そろそろ新しいApple Watchの噂も聞こえてきた頃なので、私なりに要点だけを分かりやすくまとめたので参考にして頂ければと思います。

この記事を読むと分かること
  • Apple Watchの違いが分かる。
  • Apple Watchに対する疑問が解消できる。
  • 貴方のニーズに合うApple Watchを見つけることが出来る!(かも)
目次

現行のApple Watch一覧

下が現行の「Apple Watch」を一覧表にしたものです。

シリーズによって機能の差が当然あります。①~⑨の要素についてそれぞれこの後、解説します。

ケチケチデンキ

一覧になるだけでも違いが明確にわかりますね!

機能\シリーズ  Apple Watch Series 6 Apple Watch SE Apple Watch Series 3
①常時表示ディスプレイ 対応 非対応 非対応
②ケースサイズ 40mm・44mm 40mm・44mm 38mm・42mm
③ケースの素材 アルミニウム アルミニウム アルミニウム
ステンレススチール
チタニウム
④ケースのカラバリエーションン シルバー シルバー シルバー
スペースグレイ スペースグレイ スペースグレイ
グラファイト ゴールド  
ゴールド    
ブルー    
レッド    
⑤血中酸素濃度測定 対応 非対応 非対応
⑥心電図測定 対応 非対応 非対応
⑦容量 32GB 32GB 8GB
⑧仕様モデル GPSモデル GPSモデル GPSモデル
GPS+Cellularモデル GPS+Cellularモデル
Apple Watch Nike Apple Watch Nike
Apple Watch Hermès  
⑨価格 47,080~175,780円 32,780~41,580円 21,780~25,080円

Amazonなどで購入する時もサイズやシリーズ、GPSのみかCellular付きかかどうかなど、しっかり確認して下さい。

①常時表示ディスプレイ

点灯
対応機種

シリーズ6

その名の通り「画面を常時表示させることができるかどうか?」です。

常時表示と言っても腕をおろしたりすれば、最小輝度に画面はなります。

他のシリーズは腕を動かさないと画面がすぐにオフになりますが、腕を動かせば点灯します。

具体的な恩恵があるシーンで言うと「満員電車で腕を動かせない時」「長距離運転中でハンドルをほぼ固定して運転している時」「スポーツバイクでワークアウト中」などが考えられます。

②ケースサイズ

アップルウオッチ
左が44mm、右が40mm

純粋に本体サイズのことです。

  • シリーズ6とSEなら40mmか44mm
  • シリーズ3なら38mm・42mm

こればかりは個人の腕のサイズや感覚もあるのでどれが良いとは一概に言えませんが

AppleWatchのサイズ
Apple公式サイトより引用

以下のような体感が多いようです。

40mm
44mm
  • 一般的なサイズ・重量感的には丁度いい。
  • 見た目を重視するならオススメ。(一般的な腕時計をつけているような感じになる。)
  • 腕の横幅全てを画面が覆う様な見た目になる人が多い。
  • 画面が大きい分、操作性が良い。
  • 腕が元々、太い方にオススメ。
ケチケチデンキ

家電量販店などの店頭に行けない場合はものさしやメジャーを腕に当ててイメージすると分かりやすいかも!

実際の装着したサイズ感は以下のリンクの画像一覧を見ると、さらにイメージしやすいと思います。

③ケースの素材

ペンケース
選択可能機種

シリーズ6

ざっくり言えば本体の素材ということです。

種類 価格 ベルトなし 特性
アルミ 47,080円~ 35g 傷がつきにくく目立ちにくい。盤面はIon-Xガラス。
ステンレススチール 85,580円~ 48g 傷が多少目立つ。サファイアガラスで盤面は傷つきにくい。
チタニウム 91,080円~ 42g 傷がつきにくい。サファイアガラスで盤面は傷つきにくい。

アルミは軽い、ステンレスは重い、チタンはその中間

といった感じです。

ただし、ステンレスとチタンには盤面にサファイアクリスタルガラスが採用されている(ロレックスなどにも使用されているゴリラガラスよりも硬いガラス)ので、素の状態でも傷はつきにくい仕様になっています。

④ケースのカラバリエーション

AppleWatchカラー
TIME & SPACE by KDDI様より引用

SEとシリーズ3は表に記載の通りです。

シリーズ6はモデルが3モデルあり更にナイキやエルメスモデルがあり、それぞれカラバリエーションが限定されます。

シリーズ6のアルミニウムモデル

シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ダークブルー、(PRODUCT)レッドの5色

※ナイキモデルはシルバー、スペースグレイの2色

シリーズ6のステンレススチールモデル

シルバー、グラファイト(DLC)、ゴールド(PVD)の3色

※エルメスモデルはシルバー、スペースブラックの2色

シリーズ6のチタニウムモデル

シルバー、スペースグレイ

⑤血中酸素濃度測定、⑥心電図測定

診察
対応機種

シリーズ6

名前の通り健康管理機能。

ただし、正確なデータを取るためには血中酸素濃度を測定するためには15秒、心電図測定は30秒ほど静止して計測を行う必要がある。

ボタンを押せば一瞬で測定してデータが即時出てくるわけではない点に注意。

⑦容量

容量
  • シリーズ6とSE・・・32GB
  • シリーズ3・・・8GB

音楽やアプリを入れると8GBだとすぐに一杯になります。

そういった面ではシリーズ3は使い方が限られるかもしれません。

⑧仕様モデル、⑨価格

比較表

表にまとめますが、バンドの種類によって多少の価格が変動します。

ケチケチデンキ

バンドによって価格が微妙に変化するのが余計に価格を分かりにくくしてるんですよね。

シリーズ6の種類と価格

※表に記載の価格は一番安いバンドの場合です。

モデル 価格 機能など

GPSモデル

GPS+Cellularモデル

<GPSモデル>

40mm:47,080円

44mm:50,380円

<GPS+Cellularモデル>

40mm:59,180円

44mm:62,480円

アルミニウム

ステンレススチール

Apple Watch Nike

<GPSモデル>

40mm:47,080円

44mm:50,380円

<GPS+Cellularモデル>

40mm:59,180円

44mm:62,480円

アルミニウムモデルのみ。

専用の壁紙や背面にナイキのロゴが入っている。

Apple Watch Hermès

(エルメスモデル)

<GPS+Cellularモデルのみ>

40mm:144,180円

44mm:149,680円

ステンレスモデルのみ。

専用の壁紙や背面にエルメスのロゴが入っていたり、エルメスの購入感のある箱に入っていたり、オレンジのスポーツバンドが付属している。

Apple Watch EDITION

(チタンモデル)

<GPS+Cellularモデルのみ>

40mm:91,080円

44mm:96,580円

チタニウムモデル

SEの種類と価格

表に記載の価格は一番安いバンドの場合です。

モデル 価格 機能など

GPSモデル

GPS+Cellularモデル

<GPSモデル>

40mm:32,780円

44mm:36,080円

<GPS+Cellularモデル>

40mm:38,280円

44mm:41,580円

アルミニウムモデルのみ

Apple Watch Nike

<GPSモデル>

40mm:32,780円

44mm:36,080円

<GPS+Cellularモデル>

40mm:38,280円

44mm:41,580円

アルミニウムモデルのみ。

専用の壁紙や背面にナイキのロゴが入っている。

GPSモデルとGPS+Cellularモデルの違いは?

iPhoneが近くになくてもできることを表にまとめました。

GPSモデルとGPS+Cellularモデルでは価格差が6,000~12,000円ほど高くなります。

その代わりiPhoneが近くになくても通信機能が使えます。

ケチケチデンキ

よく利便性を言われるのが、「マラソンやジムでトレーニング中に通知を受け取れる機能。」
iPhoneが手元にあると結構邪魔なので便利ですねー!

iPhoneが近くになくても出来ること

GPSモデル Cellularモデル
Apple Watchを使っての電話 できない できる
メールやLINEの送受信 できない できる
Apple MusicやSpotifyのストリーミング再生 できない できる
Apple Watchにダウンロードした音楽を聴けるか? できる できる
カレンダーや地図アプリが使えるか? できない できる
血圧や心拍数が測れるか? できる できる
移動距離などワークアウトのトラッキング できる できる
Apple PayやSuicaの支払い できる できる

Cellular通信を使うためには何をしたら良いの?

スマートウオッチ✕ジム

スマホ料金+350~500円ほどプラスすることでAppleWatchのCellular通信機能を使うことが出来ます。

ただし、このサービス大手3大キャリア(docomo、Softbank、au)のみなんです。

ショップでdocomoで500円、Softbankやauで350円ほどで加入出来ますので、3大キャリアをご利用の方でGPS+Cellularモデルをお持ちの方ならぜひ契約されてみてはどうでしょうか。

同梱物は何が入っているの?

AppleWatch同梱物
Apple公式サイトより引用

基本的にはこの3つです。

  • 本体
  • 指定したバンド
  • 1m磁気充電ケーブル

ただし、エルメスモデルとチタンモデルは高いだけあって、選んだバンドとは別に「スポーツバンド」が1本付いてきます。

AppleWatchチタン同梱物
Apple公式サイトより引用

注意書きにもありますが充電器の電源アダプタは付いていません。

明記がありませんが標準は端子がUSB-Aなので、充電アダプタを予め用意する場合には端子の形状にご注意下さい。

持ち運びにも便利な短めのケーブルのUSB-Cのタイプが欲しい方はこちら。

※他にも充電用の商品は様々なタイプが各社から出ているので自分の用途に合うものがきっとあります。

まとめ

AppleWatchはAppleの専用サイトを見ても非常に分かりにくいですよね。

私自身がAppleWatchの理解をするためにこの記事を書いたような感じなので、少しでも私と同じ

「AppleWatch買いたいけど、結局何がどう違うか分からない!」

という方の力になれば幸いです。

では、近々開催されるAppleのイベントでシリーズ7の発表や現行機の値下げを楽しみにしましょう!

Amazonなどで購入する時もサイズやシリーズ、GPSのみかCellular付きかかどうかなど、しっかり確認して下さい。

無料イラスト【イラストAC】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる