メニュー
スポンサーリンク




DELLの4Kモニタ「S2721QS」購入レビュー

スポンサーリンク




  • 作業効率を上げたい。
  • キレイな4Kモニタが欲しいけど高そう。

その様なお悩みはありませんか?

私も同じ様に勝手に思っていて、なかなか良い外付けのモニタに手を出せずにいました。

今回、コスパの良いDELLの4Kモニタ「S2721QS」を購入しましたので、購入時に検討した内容や短期間ではありますが使用感のレビューをしたいと思います。

価格:約39,800円

目次

このモニタを選ぶまでに悩んだ要素

まず、なぜ「DELL」を選んだのか?部分については、前に書いた記事を見て頂ければと思います。↓

以前の記事では触れませんでしたが、台座の部分が↓この手の形状が個人的に好みではないので、その選択肢は外していました。

なぜなら、上記の写真のようなタイプだと確実に台座部分がデッドスペースになりますが、下の写真のような平台なら物を多少は置けるので。

物置きにできる♪

次に、USB-C接続できるノートパソコンを購入予定なのでUSB-Cで直に接続できるのは非常に魅力だと思っていたのですが、選ばなかった理由が2つあります。

  • 我が家はマンションタイプのインターネット回線でかなり遅い。Wi-Fi接続にするとネットがかなりもたつくので結局LANポートも何らかの形で付与しなければならない。
  • LANポートありのUSB-C接続のモニタにすると、画質か価格を犠牲にしなければならない。

以上の理由から画質優先・コスパ優先でモニタを選ぶことにして、足らない機能はドッキングステーションやハブでまかなえばいいのでは?という結論に至りました。

対抗馬として悩んだモニタ

①Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM

価格:約60,000円前後

正直、ぎりぎりまで一番悩んだ対抗馬。「4K」「USB-Cの90W給電」が特徴のモデル。

S2721Qとの違いはスピーカの有無とUSB-C給電でしたが、ショボくてもスピーカーがあるほうが場所を取りにくい点とLANポートも結局ドッキングステーションでまかなうなら、USB給電もドッキングステーションでするし、無視しても良いかもしれないと考えるようになったため。

※自宅のネット回線速度が速かったならこの機種を選んでいたと思います。

②Dell U2722DE 27インチ

価格:約70,000円前後

LANポートも備え「USB-Cの90W給電」まで出来るモデル。

しかし、解像度がQHD…別に構わない気もしましたが、4Kをどうしても体感してみたかったので却下しました。

あと価格面がかなり高め。

③HP 27f 4K ディスプレイ

価格:約34,000円前後

非常にコスパの良いモデル。

私が結果的に購入した「S2721QS」とりも5,000円ほど安い。

しかし、スピーカー無し(これはまだ許せる)、VESAマウント非対応、端子の刺さる向きが下から差すのではなく、面に対して直角に差すのがとてつもなく嫌だったので却下。

https://jp.ext.hp.com/monitors/personal/hp27f_4k/?jumpid=st_cn_p_sh_gg_bra_dsa_monitor-3

外箱

正面から見てもわかると思いますが、箱の下の方、潰れていますよね…

この箱に直接、伝票が貼りつけてあって、箱も2か所程凹んでいました。

Amazonは時々こういった雑な形で配送をしてくるので、箱も大切にしたい方は少し注意です。

同梱物

  • 本体
  • 支柱
  • 台座
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • マニュアル

※いい意味での想定外な要素として、電源アダプタがモニタ内蔵で外に出てない点は高評価です。

組み立て

組立ては簡単でしたが、台座とポールを固定するネジが固かったです。

(色んなYouTuberさんは簡単に手で回せますと言っていたので、私の個体が不良品なのかもしれません。)

結局、マイナスドライバーで回しました。

モニタ本体とアームは緩衝材が付いたまま床でやるか、ベッドや布団の上にモニタ面を置いて作業をすればやりやすいです。(※ベッドで作業をする際にはベッドからずり落とさないように!)

他にもモニタのスタンドを立てた状態にモニタをひっかけるような形でも出来ますが、ミスるとモニタが割れます!

※この機種でモニタアームを取り付けている方の色々なレビューを見ていると背面の色に合わせた白っぽいものが好まれるようですが壁際にくっつけて設置するのであれば関係ないかもしれません。

この商品は本体がそれなりに重く9.4キロほどあり、モニタアームを選ぶ際には際は耐荷重はしっかりチェックしなければいけないと思います。

白やシルバーのカラバリがあるモニタアーム おすすめ2選

①エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム ホワイト 34インチ(3.2~11.3kg)まで対応

②Sunon パソコン モニターアーム 多関節 VESA 32インチ対応 耐荷重13KGまで シングルアーム デスクマウント

外観・物理的な機能

モニタの回転について

このモニタは回転させることができ、縦向きにもできるとのことだったので早速やってみたのですが、高さを一番上にしても、そのままでは回らず、少しアゴを出す様にしてから回さないと縦向きにはなりませんでした。

背面の端子について

背面は、写真の一番左が電源、順ににHDMIが2ポート、DPポート、音声出力端子となっています。

背面の白い面が高級感があるとか、好きだという方がいますが、個人的には結構チープな材質と質感のように感じました。

本体の設定ボタンについて

各操作ボタンは本体の右下の位置、好みは分かれると思いますが個人的には一番いい配置だと思います。「正面から見て見えないけど、操作もまぁ普通にできる。」といった感じ。

モニタの角度調整について

前後の角度は上の写真の感じです。

  • アゴを引くと5度ほどお辞儀。
  • アゴを出すと30度ほど画面が斜め上を向きます。

左右の首振りは、写真の通り45~60度くらい振れます。これ以上振れる意味ないと思うくらいには動きます。

画質

画質は「さすが、4K!!」と思えるくらいきれいですし、IPS液晶なので細かいことを言わなければ普段使いでは困らないくらいの視野角はあります。

念の為にYouTubeなどに挙がっている「ドット抜けチェッカー」で確認した限りは大丈夫そうでした。

少しだけ不満点(注意点)

①入力切替が面倒

2台以上の機器を接続していて入力切替をするときにメニューの階層を辿るのが少し面倒。またこの操作ボタン、1回だけ押したつもりがすぐ2回分動いたりするのもプチストレス。

※基本的に後発で起動した機器が優先され画面は勝手に切り替わるのだが、またそれを戻したりするときに面倒。

②ブルーライトカットモードは個人的には使いものにならない。

下の写真では非常に分かりにくいのですが、左が「標準」、右が「ブルーライトカット」のモードです。あまりに黄色がかかるので、ちょっと使えるレベルではないと感じました。

③アンチグレアなのでTVのような綺麗さはない

私も作業用として購入したので目が疲れにくいアンチグレアで良かったのですが、複数の機器を繋げられるならと任天堂switchを繋いでみました。

十分使えますが、アンチグレアかつ標準スピーカーがショボいので、テレビに普通に繋いでプレイした方がキレイですし音もいいと思います。

※4kに対応したPS5とかならまた感じ方は違ったかもしれませんが…

まとめ

まとめ

今回購入した「S2721QS」は十分買いだと思います。

こんな人にオススメ

  • 価格もおさえてキレイな4kモニタを使いたい。
  • モニタには最低限でいいからスピーカーがついている方が良い。
  • アナログVGA(D-sub15ピン)の端子は不要

<オススメしない人>

USB-Cによる給電や画面への出力などケーブル一本でしたい(できる)人

※ちなみにDELL公式でこのモデルを買うとスタンドの仕様が異なり画面の上下スライドができないという話も聞くのでご注意下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる