毎週、更新中

【レビュー】Magic Trackpad2:マウスの代わりになる?Magic Trackpad3との比較・使用感レビュー

  • URLをコピーしました!




トラックパッドに大好きケチケチトリです。

MacBookを使用して最初にその性能に驚くのはトラックパッドの使用感ではないでしょうか。

私もあまりに便利すぎて虜になりました。

ケチケチデンキ

トラックパッドってノートパソコンだけのものだよね?

確かに一昔前まではそうでしたが今は外付けのトラックパッドがあるんです。

この記事ではApple純正の外付けトラックパッド「Magic Trackpad」のレビューをします。

これにより

  • デスクトップでもトラックパッドが使える。
  • ノートパソコンを外付けのディスプレイに繋いで使用するときに手元でトラックパッドが使える。
  • クラムシェルモードでMacBookを使用するときもトラックパッドが使える。

このようなことができるようになるのです。

この記事では

  • Magic Trackpadの開封レビュー
  • Magic Trackpad2と3の違い
  • Magic Trackpadの設定と使い心地

このようなことを書いていきます。

この記事がオススメな人
  • Magic Trackpadの購入を検討している人
  • デスクトップMacでもトラックパッドを使いたい人
  • Magic Trackpadの使用感が気になる人
目次

Magic Trackpad2の基本スペックと3の違い

まずは現行のMagic Trackpad3と私が購入した2を比較します。

Magic Trackpad2と3の比較表

Magic TrackpadMagic-Trackpad3
Magic Trackpad3
MagicTrackpad2
Magic Trackpad2
カラバリホワイト
ブラック
ブルー
グリーン
ピンク
イエロー
オレンジ
パープル
ホワイト
スペースグレー
サイズ高さ:0.49~1.09 cm
幅:16.0 cm
奥行き:11.49 cm
高さ:0.49~1.09 cm
幅:16.0 cm
奥行き:11.49 cm
重さ230g231g
タッチ機能感圧タッチ
Multi-Touch
感圧タッチ
Multi-Touch
充電ポートLightningLightning
同梱物USB-C – LightningケーブルUSB-A – Lightningケーブル
価格ホワイト 13,800円
ブラック 15,800円
廃盤
13,800円前後
「3」の赤文字のカラバリはiMacの付属のみ

Magic Trackpad2と3の違い

基本スペックはほぼ同じです!が少しだけ違いはあります。

  • 角の丸み(加工)が異なる。「3」の方が丸みがある。
  • 表面加工が「3」はマット、「2」は光沢仕様。
  • 裏面のゴム足のサイズが「3」の方が少し大きい。
  • 付属のLightningケーブルが「3」はUSB-Cタイプ、「2」はUSB-Aタイプか。
  • カラバリが異なる。
出典:プログラミングや副業・フリーランスに関する情報

写真は上側がMagic Trackpad3、下側が2です。

ケチケチトリ

基本的な使い勝手の部分は全く変わりませんね。

WindowsでもMagic Trackpadは使える

Windows

せっかくワイヤレスで利用できるトラックパッドですが、Windowsでも使えないか?

と調べてみたら以下のサイトでドライバのインストール方法が紹介されていました。

このドライバはもともとはBoot Camp用のドライバで、MacBookのトラックパッドを活用するためだったようです。

このドライバを入れることで、さまざまなジェスチャができるようになります。

iPadでも使える

Magic TrackpadはiPadでも使えます。

Bluetoothをオンにして近づけると認識するので簡単に接続します。

ただ、あまりオススメしません。

ポインタがすごくみにくいですし、アイコンもどれを選んでいるのもわかりにくいので正直、指で操作した方がいいかなって個人的は感じました。

Magic Trackpad2(スペースグレー)の開封

Magic Trackpad2

今回私が購入したのはMagic Trackpad2のスペースグレーです。

なぜいまさら「3」ではなく「2」を購入したかというと、この色が欲しかった!という理由です。

ケチケチトリ

3のブラックが出る前だったので、2を選びました。今ならブラックでも良いかな…

開封

開封

内容物は

  • トラックパッド本体
  • マニュアル
  • USB-A – Lightningケーブル

とてもシンプルですね。

ケーブルは接続用ではなく充電用ですね。

本体の質感

横幅はボールペンよりちょい大きい

本体サイズのイメージは分かりにくいのでボールペンを置いてみました。

ボールペンより少し大きいくらいの横幅ですが、MacBookの内蔵トラックパッドよりもひと回り大きいので、使いやすいです

背面
色味

背面にはAppleマークの刻印があります。

色味としてはMacBook Proのスペースグレーよりも少し色が濃いですね。

ケチケチトリ

遠目では色味は同じですが、隣に置くと色味はかなり濃いですね。

Magic Trackpadの設定・使用感

Macの近くで電源をオンにすれば自動的につながりますが、再接続の方法を紹介します。

設定方法

STEP
システム環境設定「トラックパッド」を開く

Bluetoothではなく「トラックパッド」を開いてください。

STEP
右下の「Bluetoothトラックパッドを設定」を開く

右下のボタンをクリック

STEP
トラックパッドをオンオフして検出させる

トラックパッドの電源をオンオフすると、中央に「Magic Trackpadを検出しました」と表示されます。

その後、右下の「続ける」を押せばめでたく完了です。

使用感

使用感はまさにMacBookのトラックパッドそのものです。

ほんの少しですが内蔵トラックパッドより遅延を感じる場面はありますが、私のように神経質なタイプでなければ気にならないレベルです。

Magic Trackpadがオススメな人・オススメでは無い人

  • Macのトラックパッドジェスチャに魅了された人
  • デスクトップMacでもトラックパッドを利用したい人
  • クラムシェルモードでMacBookを使っている人
  • プレゼンなどを手元のトラックパッドで操作したい人

このような人には非常にオススメです。

逆にオススメしない使用用途は

ウルトラワイドモニタなどの大きな画面を使っていて、ポインタの移動距離が長い人

こういった人は手首がしんどいくなりやすいので、マウスやトラックボールがオススメですね。

まとめ

まとめ

今回はアップル純正のBluetoothトラックパッド「Magic Trackpad」のレビューをしました。

Macのトラックパッドは本当に優秀なので、それをどんなデバイスでも体感できるようになるのは最高ですね。

それでは、良いお買い物を!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる