メニュー
スポンサーリンク




購入レビュー:「Logicool MX Anywhere 3」初期設定までを解説

スポンサーリンク




  • パソコンでの作業効率を少しでも上げたい。
  • マウスを右に左に動かしたくない。

そういった思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで私がいろいろ調べた結果、行き着いたのが以前の記事でも紹介した Logicoolの「MXAnywhere3」 です。

今回はその「MXAnywhere3」の「購入理由」や実際に使ってみて「良かった点や悪かった点」、「初期設定方法」などをご紹介します。

目次

Logicool Anywhereを選んだ理由

細かい機能自体の紹介は以下の記事を参考にしていただければと思います。

私は「MX Master3」にするか「MX Anywhere3」にするかをかなり悩みました。実際の触り心地も試したくて電気屋さんを回りましたが、Anywhereを展示しているお店はありましたが、Masterを展示しているところがなくてサイズ感は近いマウスで試しました。

出来る方は自分で触れて合うもの(持ち心地や重さ)を確認したほうがいいです。

最終的にはAnywhereを購入したのですが、理由は

  • 良くも悪くも癖の少ない形状。
  • 手が小さい。
  • 昔、大きめのマウスを使わせてもらったことがあって、大きくて疲れたことがあった。
ケチケチデンキ

効率化の観点だけ言えばMX Master3の方が良い気はしましたが、やはりサイズの面が気になりました。

開封

同梱物については特筆すべきことはないですが、

  • マウス本体
  • レシーバー(他のLogicool製品と互換性のあるもの)
  • USB-A to Cの充電用のケーブル

触感・サイズ感

さらさらしており、表面は非光沢です。

ケチケチデンキ

汚れは付きやすそうですが、触り心地はかなり好みです。

サイズ感的にはメーカー製のデスクトップパソコン付属のマウス(会社や学校のパソコンなどでよく使うことになるサイズ)よりは一回りほど小さい感じがします。

※下の画像は左が「MX Anywhere 3」、右が「DELLのデスクトップパソコンのマウス」かなり大きさに差を感じますよね。

触ってみた感じもかなり小さく感じました。

女性の方や手が小さめの方、モバイルとして利用される方にはすごく適しているサイズ感です。

実際に使用してて良かったところ(機能面)

メリット

①多ボタンの機能割当やジェスチャー機能が最高

当然のように専用ソフトからマウスの速度やスクロールホイールの設定などを変えることが出来る。

各ボタンの設定を変えることができます。自分好みに変更することが可能で、左右のクリックを入れ替えたりすることもできますし、クリック以外の4つのボタンは自由にカスタム可能です。

便利なのがジェスチャー設定。

左右のクリック以外の4つのボタンになら「特定のボタンを押しながらマウスを特定の方向に動かすと指定のアクションを行える。」という設定が可能です。

マウスによくある機能だけでなく、下の写真にあるように「デスクトップの表示」や「スクリーンショット」、「スリープ」といった機能を設定できる点も評価が高いです。

つまりこの機能を使えば、通常のクリック操作以外に最大でトータル16の操作をマウスへ割り当てることが出来るんです。(4ボタン×4機能)

②バッテリーの持ちがいい

一回フル充電して毎日、毎日2時間ほど使用しましたが、1週間経った今でも表示上はまだフルにある状態です。

この様子なら1ヶ月位は持ちそうです。

ワイヤレスマウスにおいてバッテリーが長持ちするのはすごく嬉しいポイントです。

③複数のデバイスを持っている方ならより便利

以前の記事でも紹介しましたが、複数のデバイスへの接続を出来ます。また「Flow」という機能を使用すれば複数のデバイスへシームレスにマウスの切り替えやデータのやり取りが出来ます。(設定も簡単♫)

しかし、複数のデバイス間でそんなにデータのやり取りをすることが私はないのでデバイス切り替えやFlowは使っていません。(※WindowsとMacを不空数並べて運用している人って少数派なのでは!?笑)

使ってみて気になったところ(機能面)

①設定が小し難しい。(説明不足)

付属で説明書らしいものも無い、強いて言うならマウスの裏についていたこのシール。これじゃ何が何だか分からないですよね。(メーカーサイトを見ろということなのでしょうが…)

私も結局、メーカーサイトや他の人のブログを調べて設定しました。

個別設定が設定ができないソフトがある。

「良かった点」で「任意の操作をマウスのボタンに設定できる」を挙げましたが、設定ができないソフトがあります。

例えば、私の場合は古いバージョンのEXCELを利用しているのですが、バージョンが古いためか自動で認識はされません。(※私の場合は下の写真のように2つのブラウザソフトだけ。)

下の写真の「+アプリケーションの追加」を押してもEXCELは出てきませんでした。

さらに、一番下の「その他」から私がインストールしているEXCELの実行ファイルを選んでみました。

この下の写真の画面(プロファイルがあるアプリ一覧)に切り替わりますが、ここでもEXCELを選ぶことは出来ません。

恐らくですが、「該当ソフトの新しいバージョンのプロファイルが事前に設定されているソフトはうまく設定できない。」のではないかと思います。

私のように古いバージョンのMicrosoftOfficeを利用されている方は注意です。

クリック音が大きい。

自宅で利用する範囲であればそこまで気にならないかもしれませんが、「カチッ!」と結構明確なクリック音がするので、小さなお子さんが作業部屋と同じ部屋で寝ているときや静かなカフェで使うのはちょっと気になるレベルではあると思います。

初期設定方法(任意のボタン設定、レシーバー共有)

setup

個人的に結構ややこしく感じた設定について画像付きで解説していきます。

<ボタン設定>

STEP
製品登録

Logicoolのホームページから製品登録をしておいたほうが万が一保証を受けるとなった際には便利だと思います。

STEP
Logicool optionをダウンロード 

上でも絶賛したキーの割り当ても専用ソフトが必要です。

以下のリンクから、任意のボタン設定をするソフト「Logicool options」をダウンロードできます。このソフトが無いとこのマウスの魅力はほぼ無いと言っても過言ではないです。

STEP
設定したいデバイスを選ぶ。

ソフトを起動すると、現在認識しているデバイスが表示されるので設定をしたいデバイスを選びます。

STEP
設定したいボタンを選ぶ

設定したいボタンを選んでクリック します。

選んだボタンは画像のように緑でポップアップします。

STEP
細かく設定をする。

ボタン操作を設定する場合は左の赤枠から操作を選びます。

  • 左で「ジェスチャーボタン」を選んだ場合には次に中央の青枠の選択肢が表示されるのでプリセットの中で自分が好みのものがあればそれを選択する。
  • 中央の青枠で一番下の「カスタム」を選択した場合には右の黄色枠の「カスタマイズ」からさらに好みの設定にすることが出来ます。
  • ケチケチデンキ

    文章で見ると難しく感じますが、次から次へと選択していくだけなので、そこまで難しくないと思います。

    レシーバーを共有する

    私は「差せば他のデバイスも勝手に接続できるだろう。」と安易に考えていたのですが、出来ませんでした。それをするには専用のソフトウェアが必要なようでした。

    このマウスにはこのレジーバーが付属しています。この原子力発電所みたいなオレンジのマークが付いているのが、複数の機器で共有できるレシーバーの証です。

    <手順>

    STEP
    「Logicool Unifying Software」をダウンロードする

    下のリンクからダンロード・インストールする。

    STEP
    追加デバイスを認識させる。

    接続を追加したいデバイスの電源を「OFF⇒ON」にする。

    STEP
    デバイスを接続をする。

    私の場合はマウスのレシーバーを先につけていてキーボードを後で追加したかったので以下のような画面になりましたが、追加するデバイスによって表示名は変わります。

    ここでウインドウ下の「はい」を押せば接続完了です。

    この画面でしばらく放置していると1つ前の画面に戻って設定し直すことになるので注意です。

    まとめ

    まとめ

    今回はLogicoolのマウス 「MXAnywhere3 」ファーストインプレッションと初期設定について解説しました。

    クセが非常にないマウスで設定次第で非常に便利にもなります。

    また、長期的に使うことで気づくこともあると思いますので、また長期使用レビューもしていきたいと思います。

    それでは良いお買い物を

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる