メニュー
スポンサーリンク




Appleギフトカード10%還元(セブンイレブン・FamilyMart・ローソン)詳細、お得情報、注意点など

スポンサーリンク




こちらのキャンペーンは2022年1月3日で終了しています。

ただ、コンビニキャンペーンは過去にも定期的に行われてきたキャンペーンなので今後のキャンペーンの参考にしていただけたらと思います。

お得情報が何よりも大好きなケチケチトリです。

今回は以前に「Apple製品をお得に購入する方法」でご紹介したAppleギフトカードの割引が各コンビニで始まりました。

期間も限られてるのでApple製品の購入を検討されている人はチェックしてみてはどうでしょうか?

この記事では

  • Appleギフトカード還元キャンペーンの概要
  • キャンペーンの各コンビニでの詳細と注意点
  • その他追加お得情報

このようなことをご紹介していきます。

この記事がおすすめな人
  • Apple市品の購入を検討している人
  • Apple製品を今後購入予定の人
  • Appleのサブスク(iCloud、AppleMusic)を利用している人
目次

キャンペーン全体の概要と各コンビニのキャンペーン一覧

まずはこのキャンペーンの概要をご説明します。

期間

2021年12月28日(火)~2022年1月3日(月)

ケチケチトリ

かなり期間は短いですね!

共通内容

Appleギフトカード(バリアブルカード)を購入して各コンビニのキャンペーンサイトから応募すると最大で10%分が還元される。

※還元内容はコンビニごとに異なる。

各コンビニで応募できる回数は5回を上限とする。

ケチケチトリ

金額固定のカードではなく金額をレジで指定するバリアブルカードだけが対象であることに注意!

一覧

コンビニセブンイレブン
セブンイレブン
FamilyMartFamilyMartローソン
ローソン
還元方法Suica、ICOCAなどの交通系電子マネー(モバイルSuicaなども含む)FamilyMartお買い物券QUOカードPay
支払い方法現金・nanaco現金現金
還元率最大10%最大10%金額問わず10%
還元の受け取りタイミング1月中旬にメールで通知
1/14~2/13の間にセブンATMで手続き
2022年1月13日登録後即時
還元の使用期間無期限2022年2月20日まで付与から3年間
注意点最大10%還元だが金額ごとの還元率などが明示されていない。
交通系電子マネーのチャージ上限は20,000円である。
還元の使用期限が短くFamilyMartでしか使用できない。
金額によって還元率が落ちる
QUOカードPayの使えるお店が限られている。
キャンペーンサイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

セブンイレブンのキャンペーンのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 付与される交通系電子マネーの汎用性が高い。
  • 最大10%の詳細が不明(購入金額により変動??)
  • 付与後の手続きが少し面倒
  • 交通系電子マネーの上限が20,000円なので現在の残高+付与金額が20,000円を超えないようにしなければ無駄が出る。

交通系電子マネーは現金と同様の扱いになるケースも多く家電量販店でも現金と同等の扱いになるケースもあるのでクレジット払いのようにポイント付与率が下がるようなこともなかったり、なによりも使える場所も多いので汎用性が高い。

ケチケチトリ

上限が「最大」10%という表記なのでもしかしたらFamilyMartと同じ付与条件になる可能性も大きいです。

注意点として交通系電子マネーのチャージ上限が20,000円であることです。

現在の残高とあわせて20,000円を超えると超過分は損失するようなので注意が必要です。

ケチケチトリ

裏技として複数の交通系カードを利用すれば額を気にせずチャージできると思います。

FamilyMartのキャンペーンのメリット・デメリット

FamilyMart
メリット
デメリット
  • FamilyMartで買い物が多い人なら…
  • 購入金額によって還元率が悪くなることがある。
  • 付与されてから利用できる期間が約1ヶ月と非常に短い。
還元率(iTunes Card割引速報より引用)

・1,000〜4,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 100円分(100円分x1枚)
・5,000〜9,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 500円分(500円分x1枚)
・10,000〜19,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 1,000円分(500円分x2枚)
・20,000〜29,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 2,000円分(500円分x4枚)
・30,000〜39,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 3,000円分(500円分x6枚)
・40,000〜49,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 4,000円分(500円分x8枚)
・50,000〜59,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 5,000円分(500円分x10枚)
・60,000〜69,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 6,000円分(500円分x12枚)
・70,000〜79,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 7,000円分(500円分x14枚)
・80,000〜89,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 8,000円分(500円分x16枚)
・90,000〜99,999円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 9,000円分(500円分x18枚)
・100,000円
 ⇒ ファミリーマートお買い物券 10,000円分(500円分x20枚)

ケチケチトリ

還元率の問題はさておきFamilyMartお買い物券のメリットがかなり薄い気がします。

ローソンのキャンペーンの詳細と注意点

ローソン
メリット
デメリット
  • 金額問わず必ず10%還元。
  • 付与が早く期限も長い。
  • ローソンのキャンペーンにも同時応募できる。
  • QUOカードPayの使える場所が限られる。
  • QUOカードPayの評判があまり良くない。

最大のメリットは還元率の高さです。金額問わずというところと同時開催しているQUOカードPayのキャのペーン「ギフトカードのガチャ祭」(1/3の確率で1~100%分が戻ってくる)にも同時応募できる点も大きいです。

ケチケチトリ

キャンペーンまで加味すると還元率は非常に高そうですね!

ただし、QUOカードPayの評判があまり良くない点と使える場所が限られるのも気になりました。特に多かったのが、QUOカードPayが他の決済手段と併用ができないということです。

つまり、QUOカードPay残高以内もしくはピッタリで支払えず、オーバーすると他の決済手段で残金を払えないという口コミをちらほら見受けました。

ケチケチトリ

うーん、そこは少し不便かも。なんでそんな仕様なんだろう…

あとは使える場所が限られているので、しっかり自分の利用しているお店で管弦楽を使うだけのお買い物があるか考えて利用したほうがいいですね。

まとめ

ギフトカード

今回は各コンビニが行っているAppleギフトカード還元キャンペーンについて紹介しました。

個人的なおすすめとしては

結論
  • 汎用性を求めるならセブンイレブン
  • QUOカードPayを利用できるお店を頻繁に利用するならローソン

特にローソンは条件が当てはまる人なら還元率UPも狙えるので非常にいいです。

ちなみにトリはセブンイレブンで購入して早速Apple製品を1つ購入しました!

ちなみに今回の情報を早く入手できたのは「iTunes Card割引速報」様を毎日のようにチェックさせていただいていたからです。昔からお世話になっているサイトなのでお買い得が好きな方はおすすめです。

それでは、良いお買い物を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • セブンの交通系複数枚って、セブンのキャンペーンサイト上できるんですかね?
    受け取りカードが複数登録できるかという点です。

    • >うつぼさん
      セブンのサイト上ではできないです。セブンのサイト上ではあくまで購入したカード情報を登録するのみですね。後日、登録の際に利用したメールアドレスに受け取り用のコード(?)なりが届いてセブンのATMで該当のカードにチャージするようです。
      つまり、交通系ICカード自体の識別はセブン側では行わないので、カードを複数枚持っていたり、メールアドレスを複数利用すればいくらでも還元は原理上は可能にはなります。

コメントする

目次
閉じる