\ お買い物マラソン!ポイント最大47倍! /詳細を見る

CIO NovaPort SLIM 65Wレビュー!Macbookのお供に超薄型・軽量の多機能充電器

  • URLをコピーしました!

ノートパソコンを持ち出して長時間作業する際に必須となるのが電源ですよね。

でも、こんなことを思ったことないですか?

  • W数がそれなりにある電源アダプタはサイズが大きくて荷物になる
  • 厚みがある充電器だとカバンのポケットに入らない
  • 小型の充電器でも厚みがあってパソコンと同じカバンに入れるとパソコンへ圧がかかりそう

今回ご紹介する「CIO NovaPort SLIM 65W」は最大65Wの出力を実現した高性能USB-C充電器です。2ポート搭載でスマホやタブレットも同時充電可能な高機能でありながら非常に薄型軽量なので持ち運び用としても非常に優秀です。

散財くん

スッとサイドポケットなどに収まる方がいい!

カバンに入れても厚みが全く気にならない
メリット
デメリット
  • 軽くて薄型
  • 比較的高出力
  • 出力を自動で振り分けてくれる
  • もう少し出力やポート数があると使える機器が増えて嬉しい

本レビューでは、その魅力と性能を徹底解説します。

この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
  • ズボラ、手が小さい、皮膚弱い、イヤホンが苦手
目次

CIO NovaPort SLIM 65Wのポート数やスペック

CIO NovaPort SLIM 65Wは、GaN素材を採用した超薄型・軽量のUSB-C充電器です。わずか14mmの薄さで、重量は約100gと、持ち運びにも便利なコンパクトサイズを実現しています。

基本性能表

スクロールできます
機能表CIO NovaPort SLIM 65W
ポート数USB-C×2ポート
急速充電規格PD3.0/PPS
自動分配67W(単ポート使用時)
45W+20W
30W+30W
など
サイズ約85×47×14mm
重量106g
カラーブラック/ホワイト
Amazonで見る

ポート数は少し少ないですがW(ワット)数はかなりありますし、2ポート利用時も非常に使いやすい出力がありますね。

同梱物

同梱物は本体と取扱説明書のみです。

特に難しい使い方はないので問題なしですね。

サイズ・重量

サイズ感はかなりコンパクトで手のひらサイズ。

一般的なボールペンと比較しても長さも短く薄いですね。

Apple純正65Wアダプタとの比較

私の利用しているMacBook Pro14インチ(M1Pro)付属の65WACアダプタと比較してもかなりサイズに違いがあるのがわかると思います。

薄いだけでなく非常に小型なので持ち運びにも凄く便利です。

重量は100g前後、カバンに入れて持ち運んでも重さを感じることはほとんどないですね。

ケチケチトリ

出かける時は荷物を少しでも軽くしたいですもんね。

デザイン:驚きの薄型軽量設計

CIO NovaPort SLIM 65Wの最大の特徴は、その薄型軽量設計です。

名刺サイズのコンパクトさに加え、折りたたみ式プラグを採用しているので、さらに省スペース化できます。

プラグは折りたたみ式

また、表面はシボ加工とよばれる非光沢処理がされており、指紋などの汚れがつきにくいです。

ケチケチトリ

持ち運び用の充電器としては非常に嬉しいポイントばかりですね!!

スペック:最大65Wの高出力と2ポート搭載

最大65Wの出力をサポートし、MacBook AirやMacBook Pro 13インチなどのノートPCを急速充電することができます。さらに、2つのUSB-Cポートを搭載しているので、スマホやタブレットを同時充電することも可能です。

機能:PPS対応でスマホ急速充電も可能

Makuakeより引用

Power Delivery(パワーデリバリー) 3.0とPPSに対応しており、対応デバイスであれば最大45Wの急速充電が可能です。iPhoneやGalaxyなどの最新スマホも、高速充電することができます。

単独ポートならばMacBookProの14インチまでくらいならギリギリ充電できる

散財くん

Power DeliveryとかPPSって何?

ケチケチトリ

Power Deliveryは簡単に言えば高速充電ができるってこと。
PPSってのは高速充電に加えて機器に送る電力を最適化して発熱やバッテリーの劣化を最小限におさえることが出来る規格だよ!

実際に使ってみた:安定した充電性能と発熱も少なめ

実際にCIO NovaPort SLIM 65Wを使ってみたところ、ノートPCやスマホを安定して充電できました。

ケチケチトリ

状況によっては70Wを超えるようなW(ワット)数を出すこともありました!

発熱に関しては全く無いとは言えませんが、最大出力でもほんのり温かいくらいの範囲には収まっているように感じました。

高速充電で1時間ほど使用してみた

このくらいの発熱であれば、長時間の作業のお供としても安心して使用できますね!

ケチケチトリ

MacBook AirやiPhoneくらいの充電ならもっと熱をもたないと思います。

まとめ:Macbookユーザーに自信を持っておすすめできる充電器

CIO NovaPort SLIM 65W
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 軽くて薄型
  • 比較的、高出力
  • 出力を自動で振り分けてくれる
デメリット
  • もう少し出力やポート数があると使える機種が増えて嬉しい

CIO NovaPort SLIM 65Wは、薄型軽量で高出力なだけでなく、機能も充実したUSB-C充電器といえると感じました。

ケチケチトリ

特に旅行やちょっとした出先で長時間作業をするときのお供にはメチャクチャおすすめです!

Macbookユーザーはもちろん、外出先で複数のデバイスを充電したい方にもおすすめの商品ですね。

それでは良いお買い物を!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次