ナンバーワン決定!iPhone用MagSafe(マグセーフ)対応スマホリング・バンカーリング人気2種を徹底比較!

アンカーVSオークス
  • URLをコピーしました!




最近はスマホのサイズアップがすすんでいて、手の小さい人は片手操作をすると指や手が痛くなりませんか?

私も手が小さい方なので、大きめのスマホは指もすごいし、手首も痛くなります!

ケチケチトリ

めっちゃ重いー!すぐに落としちゃいそう!!

散財くん

トリは小柄な女子並みに手(羽)が小さいもんね。

そういった人の救世主となるのがスマホ用のバンカーリング(マグセーフ対応)

バンカーリング

スマホの背面にリングを付けて指を通せるようにするアイテムなのですが、iPhone12シリーズ以降に搭載されたマグセーフにより、磁石で手軽に着脱もできるモデルが人気です。

そんな中でも人気なのがこの2商品

Anker 610 Magnetic Phone Grip

オークス(AAUXX) iRing Mag

両方使い比べてみた結果、個人的には「オークス(AAUXX) iRing Mag」をオススメします。

ここが良かった!
  • 磁力が強い
  • リングの可動域が柔軟
  • カラバリも豊富

では比較をしながら、なぜ私がオークスの iRing Magを推すのかAnkerのバンカーリングと比較しながら解説します。

この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • 月間1,000万を売上げた元販売員
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
この記事がオススメな人
  • 手が小さく最近のスマホのサイズ感に苦労している人
  • バンカーリングを探しているがどれがオススメなのか知りたい人
  • スマホを片手操作をしたい人
目次

Ankerとオークスのバンカーリングはどちらも人気商品

アンカーとオークス
左がAnker、右がAAUXX

比較の前にこの2商品、どちらもとても良い製品であることは間違い無いです。

  • 本体の質感も良い
  • 磁力もそれなりにあり使用中に外れるようなことはない
  • カラーバリエーションも豊富で本体のカラーや好みに合わせることができる
ケチケチトリ

磁力はAAUXX(オークス)の方が少し強いですが、Ankerでも十分な磁力だと個人的には感じましたね。

人によってはどちらを購入しても満足する人もいると思いますが、今回は徹底的に細かく比較していきます。

性能比較

今回は私が使用する上で気になった6項目について比較をしていきます。

きっとどの要素も気になるポイントになると思いますので

自分だったらどっちが使いやすいだろう?

って考えながら各項目を見ていただくといいと思います。

比較1:価格

価格
Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)
オークス(AAUXX) iRing Mag
  • 2,000円前後
  • 3,000円前後

Ankerの方が1,000円も安いです。

この価格帯で1,000円の違いは結構大きいですね。

比較2:サイズ・重さ

重さ

実際のサイズ感を計測してみました。

直径

  • Anker・・・5.8cm
  • AAUXX・・・5.4cm
ケチケチトリ

4mmはスマホに装着するものとしては結構、体感差を感じました。Ankerの方がゴツイ感じはあります。

AAUXXの方が邪魔にならない

厚み

厚みの差
厚み
  • Anker・・・4mm
  • AAUXX・・・3.5mm
ケチケチトリ

少しAAUXXの方が薄いですが、使用した感じではそこまで差は感じませんでした。

AAUXXの方が邪魔にならない

重さ

  • Anker:28g
  • AAUXX:22g
ケチケチトリ

6gの差は結構大きいですね!

AAUXXの方が軽い

比較3:カラーバリエーション

カラーバリエーション

カラーバリエーションはどちらもかなり豊富です。

  • Anker・・・4色
  • AAUXX・・・6色
Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)
オークス(AAUXX) iRing Mag
  • パープル
  • ブラック
  • ブルー
  • ホワイト
  • スモーキーブラック
  • セラミックホワイト
  • スチールブルー
  • ペールバイオレット
  • サンドイエロー
ケチケチトリ

イエロー系が欲しい場合にはAAUXXにしか選択肢はないですね。

AAUXXの方がカラバリが多い

比較4:リングの手触り(内側・外側)

リング形状
リング形状

リングの形状は画像を見てもわかる様に

  • Ankerは内側も外側も丸みを帯びた形状
  • AAUXXは内側は丸いが外側は角張っている

指を通してしまえばどちらも同じなのですが、AAUXXは外側の角が角張っているので、指あたりは痛少し痛いです。

ケチケチトリ

角が角張っていると確かに痛いですが、指を引っ掛けやすいので倒した状態から起こしやすいメリットもあります。

どちらもメリット・デメリットがある

対決5:リングの引き出しやすさ

リングを倒した状態

先ほどのリングの形状にも関係するのですが、リングを完全に倒した状態はこの2種類はかなり異なります。

AnkerはMagSafeのリング内に指を通すリングがすっぽり収まりフラットな状態にまでなります。

しかし、AAUXXのものはリングはフラットな状態にはなりません。

というのも、AAUXX(オークス)のものはリング内に透明なプレートがあり、リング自体が下に入り込まない様になっているからです。

透明なプレート
透明なプレートがある

これによりそれぞれのメリットとデメリットがあります。

Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)
オークス(AAUXX) iRing Mag
  • 外側のリング内に指を通す内側のリングが完全に入るため取り出しにくい
  • リング自体が完全な丸なので、指あたりはいいが取り出しにくい
  • 完全なフラットになるので、リング側を下にしてスマホを置いた時にガタガタしない
  • 完全なフラットにはならないが、その分内側のリングが取り出しやすい
  • 内側のリングを完全に倒した状態でも角張っている箇所に指を引っ掛けてリングを起こしやすい
  • リングを起こす時、固い
ケチケチトリ

リング側を下にして置いた際のフラットにしたいかどうかが、ポイントですね。
AAUXXの方が置いた時に明らかに高さはでますが、ガタガタする感じはそこまで強くないです。

対決6:スタンドとしての柔軟性

解決策
ケチケチトリ

この点に関してはAAUXX(オークス)が明らかに良かったです!

なぜなら、AAUXX(オークス)は内側のリングが稼働するところがすごくいい!

スマホとの設置面を動かさなくても、くるくる回転もできますし、好きな角度に倒すことができます。

設置した向きが影響する

それに対してAnkerのものは内側にリングは回転しません。

向きが固定なので向きを変えたい時はスマホから一度取り外して付け直す必要があります。

ケチケチトリ

この状態のままスタンドにすることもできますが、角度調整は一切できません。

AUXX(オークス)の方が利便性が高い!

個人的な結論

選択
商品MagGo

Anker 610 Magnetic Phone Grip
(MagGo)
iRing

AAUXX オークス iRing Mag
価格2,000円前後3,000円前後
直径5.8cm5.4cm
厚み4mm3.5mm
重さ28g22g
磁力普通強い
カラーバリエーション4色6色
リングの取り出しやすさ取り出しにくい比較的取り出しやすい
リングの可動一方向のみ360度回転できる
Amazon販売ページ詳細を見る詳細を見る
ケチケチトリ

個人的にはオークス(AAUXX) iRing Magがイチオシです!

iPhone12シリーズ以降のMagSafe対応のiPhoneをご利用される際にはぜひ検討してみてはどうでしょうか?

それでは良いお買い物を!

スポンサーリンク




アンカーVSオークス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次