【レビュー】イヤホンで耳が痛く・かゆくなる人でもおすすめ!骨伝導ヘッドフォン AFTERSYOKZ 「OPENMOVE」レビュー

AFTERSHOKZ-OPENMOVE
  • URLをコピーしました!




イヤホンやヘッドフォンが全く合わないケチケチトリです。

ケチケチトリ

耳が痒くなる!耳が蒸れる!

私はイヤホンやヘッドフォンを使うたびにいつもこの悩みと戦ってきました。

特にヘッドフォンは耳が蒸れて凄く痒くなり最長でも1時間位が限界でした。

そんな私と同じ様な悩みを持つ人にオススメなのが「骨伝導イヤホン」です。

このイヤホンは耳にイヤホンを入れなくても耳の上部やこめかみ辺りにパッドのような部分を当てるだけで音が聞こえるのです!最初はとても感動しました。

この記事では

  • 骨伝導イヤホンのメリット
  • 骨伝導イヤホンのデメリット
  • 完全ワイヤレスイヤホンとの比較
  • 骨伝導イヤホン AFTERSHOKZ「OPENMOVE」を使用感・感想

についてまとめています。

この記事がオススメな人
  • イヤホンやヘッドフォンを利用すると耳が痒くなったり痛くなる人
  • 音楽を聞いたり、通話中でも外の音をしっかり確認したい人
目次

骨伝導イヤホンとは

AFTERSYOKZ
AFTERSYOKZ公式より引用

骨伝導イヤホンとは名前の通り骨に振動を伝えることで音を届けるイヤホンです。

日常で聞いている音は空気の「振動」を鼓膜で受け取ることで人は認識していますが、骨伝導イヤホンはこの振動を骨に伝えることで音を認識できるようにしています。

その結果、耳をふさぐことなく音楽を楽しんだり通話をすることができます。

しかしながら、良いことばかりではなく骨伝導イヤホンにおける全般的なメリットデメリットも知っておいたほうがいいと思います。

メリット
デメリット
  • 周囲の環境変化に気がつける
  • 耳をふさがないので耳が痛くなりにくい
  • 耳にはめないので清潔(メンテナンスもしやすい)
  • 独特の振動が気になる場合がある
  • 本体サイズが大きくなりがち
  • メガネやサングラスと干渉する場合がある

骨伝導イヤホンに適した利用シーン

先にも書いたとおり耳をふさがないことが最大の特徴なので、周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しみたい場面に適しています。

  • ジョギングなどで周囲の環境音と音楽を聞きながら走ることができる。
  • ジムでトレーナーの指示と音楽も聞きながらトレーニングをすすめることができる。
  • 小さなお子さんがいるご家庭でお子さんの呼びかけや鳴き声を聞き漏らさず、音楽を聞きながら家事ができる。

このようなシーンでは有効活用できます。

骨伝導イヤホンが適さない利用シーン

骨伝導イヤホンは周囲の音が聞こえることが特徴なので、周囲の音をシャットアウトしたい環境下では適していないと言えます。

  • 周囲が騒がしいカフェなどで集中して作業をしたいとき。
  • 公共交通機関を使った長時間の移動時に周囲の音を聞きたくないとき。
  • 耳だけの学習などで集中したいとき

このようなシーンには向いていません。

骨伝導イヤホン AFTERSHOKZ「OPENMOVE」レビュー

私が愛用しているのはAFTERSHOKZ(アフターショックス)というメーカーの「OPENMOVE」という製品です。

骨伝導イヤホンメーカーとしては非常に定評があるメーカーで様々なラインナップの製品を販売されています。

しかし、これまでは2万円クラスの非常に高価なものが多く手を出せないでいましたが、この商品はなんと1万円を切る価格帯なので「製品の品質は譲れないけど、価格はおさえたい」ユーザーにはぴったりな製品となっています。

OPENMOVEの性能

OPENMOVEはエントリーモデルですが十分な性能を持っています。

表記の防水性能について詳しく知りたい人はコチラの記事も参考にしてください。詳しく表にして解説しています。

機種公式価格カラー骨伝導技術連続バッテリー
駆動時間
充電時間待機時間防水防塵Bluetooth重量材質タイトル

OPENMOVEOPENMOVE
9,999円ブルー
グレー
ホワイト
ブラック
第7世代6時間2時間最大10日IP555.029gヘッドバンドチタン詳細を見る
AEROPEX19,998円グレー
ブルー
レッド
ブラック
第8世代8時間2時間最大10日IP675.026gフルチタン詳細を見る
XTRAINXTRAINERZ19,668円ブラック
ブルー
第7世代8時間2時間最大10日IP68
水泳も可能
無し
内蔵4GB メモリ
30gフルチタン詳細を見る
OPENCOMMOPENCOMM19,998円ホワイト
ブラック
グレー
第7世代16時間通話1時間
急速充電
最大14日IP555.033gフルチタン 詳細を見る
  • OPENMOVE…日常生活
  • AEROPEX …ランニングなどのスポーツ時
  • XTRAINERZ …水泳用
  • OPENCOMM…オペレーター業務などに

このような位置づけになります。

ケチケチトリ

水泳専用の「 XTRAINERZ 」以外にはマイクも搭載されていますが、マイク性能は「OPENCOMM」がやはりいいです。

OPENMOVEの良かった点

OPENMOVE

基本的には日常使いとしては満足していますが、特に良かった点を挙げます。

2年間保証で安心

2年保証

一般的にこの手の製品は1年保証のものが多いと思いますがAFTERSHOKZは2年保証です。

持ち運びをしたり身につけるものは、自然故障も起こりやすいのでありがたいですね。

耳が痒くなったり痛くならない

どんなイヤホンを使っても耳が痛くなる私でも、耳に入れ込まないので耳が痛くなったりしませんでした。

これが最大のメリットと言っても過言ではないです。

iPhoneとの親和性もいい

Battery残量

iPhoneのウィジェットのバッテリー表示をした際にバッテリー残量が見えます。

本体側でバッテリーの細かい残量を確認することができないので凄くありがたいです。

ケチケチトリ

これはiPhoneユーザーならとてもありがたい恩恵だと思います!

マニュアルがわかりやすくペアリングが簡単・確認しやすい

同梱物
  • 本体
  • 接続マニュアルカード
  • マニュアル
  • USB-A to Cケーブル
  • 耳栓

日本語のマニュアルも付属していて、ペアリングも非常にしやすいです。

機器とペアリングされたら「接続されました!」と日本語でアナウンスも流れるので確認もしやすいです。

ケチケチトリ

「ペアリングモード」がわかりにくいイヤホンも多いですが、これは「ペアリングモードです」というアナウンスまでしてくれます!

USBーC給電

最近はUSB-Cでケーブルを極力統一している人もいると思いますので、そういったニーズにも答えた製品になっています。

OPENMOVEの気になった点

半年以上使ってみて気になった点も少しありますので、そちらも紹介します。

サイズ感をそれなりに感じる

AFTERSYOKZ公式より引用

完全ワイヤレスイヤホンと違って左右の耳をつなぐ部分がありますので、それなりにサイズ感を感じます。

また、イヤーパッドも1円玉サイズの面積もあるので着けていればしっかり分かるくらいの存在感はあります。

ケチケチトリ

ヘッドフォンに比べればサイズ感は気にならないとは思います。

音漏れがある

骨伝導イヤホンといっても無音で振動しているわけではなく、振動すると音が出ます。

大音量にしなければ1mくらい離れていれば音は聞こえませんが、近くに寄れば音が出ているのが分かります。

満員電車などで使えば横の人には何を聞いているか、しっかり分かるレベルにはなると思います。

持ち運びしにくい

先程も触れたサイズ感があるので完全ワイヤレスイヤホンと異なり持ち運びがしにくいです。

また、ヘッドフォンと違ってバンド(後頭部にまわる部分)が細いので強度に不安があるので、気軽に持ち運んで使うという感じにはならなかったです。

まとめ

メリット・デメリットふまえた私の使い方としては

  • 自宅での作業時
  • ちょっとした短い距離のランニング
  • 車で移動する近所のカフェでの作業用

この3パターンでの使い方になっています。

モバイル要素が少なく他の人に音漏れしても迷惑にならない使い方がベストだと判断した結果です。

とはいえ、従来のイヤホンやヘッドフォンが苦手だという人には本当におすすめできる商品となっていますので、私と同じ様な悩みをもたれている人には本当に1度使ってみていただきたいです。

それでは良いお買い物を!

スポンサーリンク




AFTERSHOKZ-OPENMOVE

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次