メニュー
スポンサーリンク




ハブ(USBのタコ足配線)経由するとUSB機器が動かない!

スポンサーリンク




最近のノートパソコンはどんどんスタイリッシュになってきていてUSBポートが少ないモデルが多いですよね。

そんな時に役立つのがUSBハブといわれる「USBのタコ足配線」を可能にしてくれる機器。

しかし、USB機器を指したけど

「きちんとパソコンで認識してくれない!」

そういった経験がある方もいると思います。

もしかしたらそれは機器の故障が原因ではないかもしれません。その可能性の大きな原因の一つである「電力不足」についてこの記事では解説します。

この記事を読むと分かること

USBハブ経由で利用している機器が正常に作動しない、認識しない原因が分かるかもしれない。

目次

USBハブはタコ足配線機器

最近は薄型でUSBポートが少ないノートパソコンが増えてきて、

  • プリンタを接続したい。
  • USBメモリを接続したい。
  • カードリーダーを接続したい。

といったことがしたくて「USBポートが足らない!」ってなったことありませんか?

そんなときに便利なのが「USBハブ」いわゆるUSBのタコ足配線を実現してくれるアイテム。

結論:正常に動かない。その原因は「電力不足」

私も昔、USBハブに外付けのHDDを接続したら

ケチケチデンキ

ん?認識しない。パソコンに直接挿せば動くのに…なんで?

と思ったことがあります。当時は原因がよく分かっていませんでした。

調べた結果、理由は「電力不足」でした。

原因はハブの種類:「バスパワー」と「セルフパワー」

USBハブには「バスパワー」タイプと「セルフパワー」タイプがあります。

用途に応じて使用をするタイプを選ぶと失敗がないと思います。

バスパワータイプ

メリット
デメリット
  • 別電源不要なのでとにかく手軽に利用できる。
  • 持ち運びに適している。
  • 消費電力が大きいものは認識できない。

一般的によく使われるのが、こちらのタイプだと思います。

パソコンのUSBポートから給電するので電力消費量が少ないものしか使用できないので、マウスやキーボード、USBメモリなどは適していますが、消費電力の大きい外付けハードディスクなどはこのタイプで使うことは難しいです。

サンワサプライのホームページより

セルフパワータイプ

メリット
デメリット
  • 消費電力が大きいものでも利用できる。
  • ポート数が多い製品も多く多数の機器を接続できる。
  • パソコン本体との接続意外に別電源を取る必要がある。

ハブ自体をコンセントへ繋げる事ができるようになっていて、コンセントに繋げた状態ならば電力消費の大きいものでも使用可能です。

ただし、その電源のACアダプタが大きかったり重たい場合があるので、ACアダプタを外してバスパワータイプとしても使えるマルチタイプがオススメです。

サンワサプライのホームページより

まとめ:利便性は多機能な1個よりも安価なものを2個用意する

私も以前は自宅ではセルフパワータイプのハブを使っていたのですが、データバックアップ用のハードディスクが常にハブに接続されていて、さらにUSBのヘッドフォンやらLightningケーブルなどもささっていて外すのが面倒。

抜いたら抜いたで、また差し直すのが面倒になり、結局、外出用には安価なバスパワーのハブをもう一個買うことにしました。

結果的に本体にささっているハブのケーブルだけ抜けば外に持ち出せるので、その運用が一番良かったです。

なので、USBハブは多機能でマルチに使えるものより、安くて機能は限定的でも用途別に買ったほうが結果的に利便性も上がります。

ハブ自体は価格的にそんなに高いものではないので、特性を知ってうまく使い分けをしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる