メニュー
スポンサーリンク




長時間のデスク作業での手の痛みを緩和

スポンサーリンク




長時間パソコン作業をしていると手が作業机の角に当たったり、椅子の肘掛けが固くて痛くなった経験はないですか?

私も長時間作業をしていると腕が机の角や椅子の肘掛けが痛くて、集中力が切れることがあります。

そんなお悩みを軽減できるアイテムを紹介します。

目次

腕が痛い

私は今の家に引越してから、メタルラックを組み立てて机代わりにしています。

だって、「机」は部屋のスペースを圧迫するし、引っ越しの際にも大きくて持ってきませんでした。

がしかし、メタルラックは角が角ばっいて痛い!

愛用機は15年前くらいのMacBook Pro(ボロボロ)

コンセプト

そこで

「安く対策できて、かつメタルラックを組み直すときも使えるもの!」

で対策しようと考えました!

ファーストプラン

最初に考えたのが赤ちゃんが机の角などで頭や体をぶつけても痛くないような、「コーナースポンジ」

これは両面テープなどで固定しないといけないしので、あとで剥がすときに汚くなりそうなのと、隙間にゴミとか入りそうで却下。

結局たどり着いたのは

こんな感じで置きました

結局たどり着いたのは、「アームレスト」

なんたって、置くだけでいい!

効果の程は…「思ってた以上に、全然いい!!」「腕も痛くない!!」「ついでに長時間作業の際にも腕の重さを預けることができるから楽!」

ちなみにコレ、百均です。

ただ、百均のは結構早くヘタってきます。Amazonとかを探せばたくさん出てきます。

Amazon商品ページより

そんなに高くないので、長時間のパソコン作業をされる方にもオススメです。

ついでに検索していたら

こんなタイプも見つけました。

机に肘掛けを固定して、椅子になくても肘掛けを作っちゃうタイプ!

これはこれで面白そう。メタルラック机を卒業したら試しても良いかとも思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる