毎週、更新中

【レビュー】SwitchBot(スイッチボット)と比較 Nature Remo mini2(ネイチャーリモミニ2)導入レビュー

  • URLをコピーしました!




最近、スマートホーム化に目覚めたケチケチトリです。

少し前に妻にAmazonEchoとスマート赤外線リモコン(NatureRemo)のセットをAmazonで購入したのですが、その時に悩んだことがあります。

SwitchBot(スイッチボット)とNature Remo(ネイチャーリモ)って何が違うの?

EchoShow5
Amazon NatureRemo販売ページより引用

皆さんも同じように悩んだことはありませんか?

少し前まで、私の部屋には「SwitchBotハブミニ」を妻の部屋には「Nature Remo mini2」を設置していましたが、両方を使ってみて今回、私の部屋の「SwitchBot」を「NatureRemo」に置き換えることにしました。その理由や使い心地をレビューします。

この記事では

  • Nature Remo mini2の導入・設定
  • 実際に使ってみての感想
  • SwitchBotとNature Remo miniの違いや使い勝手の比較

このようなことをまとめています。

結論としては「単体で使うならNature Remo mini2の方が使い勝手・性能面どちらにおいても優秀」だと感じました。

この記事がおすすめな人
  • スマートホーム化を検討している人
  • 「SwitchBot」と「Nature Remo」どちらを購入すべきか悩んでいる人
  • SwitchBotハブミニを単体で使っている人
目次

Nature Remo のラインナップ

NatureRemo-TOP
NatureRemo公式より

NatureRemoとは

NatureRemoは有名なSwitchBotハブミニと同じように家電の赤外線リモコンを記憶してスマートスピーカーなどと連携することでスマートホーム化を実現してくれる家電の1つです。

ラインナップ

NatureRemoラインナップ
NatureRemo公式より

ラインナップは大きく分けて3種類です。

SwitchBotのシリーズと異なりNatureRemoは赤外線センサーとWi-Fiによるだけに特化したシリーズとなっています。

なので、見た目や名前だけでは機能差が分かりにくいので個々にご紹介します。

1.Nature Remo mini2

NatureRemoの中では一番安価なモデルとなります。

定番のエアコン、テレビ、照明等の赤外線リモコン付き家電を記憶して制御でき、温度センサーやGPSも内蔵しているので、温度やGPSを活用したオートメーションコントロールも可能です。

2.Nature Remo mini 2 Premium

1で紹介したのと名前も同じじゃないかと思われるでしょうが、きちんと違いはあります。

ケチケチトリ

画像の通り公式ページでは名称に差はありませんがAmazonの商品ページでは「Premium」と名称に入っていました。

まず、カラーが選べ、Nature BlueとBlackの2色から選べます。

次にできること自体は1と同じなのですが、1よりも赤外線の強度が1.5倍あります。

リモコンでの感度が悪い家電や少しNatureRemoからの距離が遠い家電をコントロールさせたい場合にはこちらのタイプがおすすめです。

3.Nature Remo 3

シリーズの中で最上位モデルとなります。

赤外線リモコン記憶による家電コントロールはもちろんのこと、1や2にはない4つのセンサーとBluetoothを搭載しています。これにより

  • Bluetooth対応機器(mornin’ plus、Qrio Lockのみ)をコンロール
  • 温度、湿度照度人感、GPSを搭載しているので、オートメーションの幅が多い

このようなことが1、2よりも優れています。

ただし、赤外線強度は1のモデルと同じになります。

Nature Remo 購入レビュー

NatureRemo箱

今回、自分の部屋にもNature Remo mini2を追加で導入したので開封〜セットアップのレビューをします。

開封

NatureRemo開封
同梱物
  • Nature Remo mini2本体
  • USB-A to microBケーブル(1.5m)
  • 取扱説明書
  • スマート電機の案内カード
ケチケチトリ

SwitchBotと同じく電源は入っていないので、USB-A給電ができる電源は別途購入しておく必要があります。

セットアップ

セットアップは最初のユーザー登録が少し面倒なくらいでかなり楽でした。

STEP
Nature Remoアプリをスマホやタブレットにインストール
NatureRemoアイコン

取扱説明書にもQRがあるので、読み取ってスマートフォンなどにアプリをインストールします。

次にメールアドレスなどを登録してユーザー登録をします。

STEP
国の選択をする
STEP2
STEP
自分の使っているモデルを選択する
STEP3

自分の利用している端末を判断するには本体の背面の左上の「Model」の部分を見れば分かります。

NatureRemoモデル確認
本体背面
STEP
電源を入れてデバイスを検索する
STEP4-1
STEP4-2
ケチケチトリ

デバイスが見つかり接続されると、後方のランプが緑に光ります。

NatureRemoランプ
STEP
Wi-Fiに接続して設定が完了するのを待つ
STEP5-1
STEP5-2
ケチケチトリ

Wi-Fiの自動検索もできるので、自宅のWi-Fiを選んでパスワードだけ打ち込めばOKです。

STEP
設定完了・設定したNature Remoに名前を付ける
STEP6-1
STEP6-2
STEP
追加したい家電を選ぶ
STEP7-1
STEP7-2

設定が完了すると、現在の部屋の温度が表示されます。その下の「+」をクリックすると追加する家電のカテゴリを選びます。

STEP
リモコンを登録する
STEP8-1
STEP8-リモコン記憶

NatureRemoに向けてリモコンの赤外線を送信します。

ボタンは何でも構いません。

STEP
登録したリモコンがきちんと動くか確認して登録を完了させる
STEP9-1
STEP9-2

今回ご紹介してSTEP7〜9を繰り返すことでリモコンを登録していきます。

ケチケチトリ

今回の画像を見ると室温が24.8℃、エアコンの設定が27℃というのもわかりますね。

ちなみにリモコンがうまく動かないときは自分でリモコンを選ぶこともできます。仮にリモコンの型番が完全一致しなくても動けば問題ないので、この手の製品に対して「完全一致がないから諦める。」というこだわりは捨てたほうが良いです。

NatureRemo-ヘルプ
STEP
スマートスピーカーと連携させる(例:Amazon Echo)
STEP10-1
STEP10-2

Remo miniアプリのTOP画面の右下の「設定」を選んで、あとは自分の設定したいスマートスピーカーを選びます。

たったこれだけです!

ケチケチトリ

スマートフォンにAlexaアプリなどをインストールしていることが前提ですが、Amazon Echoを導入していれば基本的にはインストールしてありますよね。

NatureRemo-設定完了

この設定が完了するとAmazon Echoの方にも通知されます。

Amazon-Echoセット完了

連携がきちんとされていると分かるので、安心できますね。

良かったところ

実際に「Nature Remo mini2」(一番下のグレード)を使ってみてこの商品単体で良かったポイントを挙げていきます。

サイズがコンパクト

サイズ比較
サイズ比較

写真はSwitchBot Hub Miniとの比較です。

サイズが小さい方がNatureRemoですがサイズ感はひと回り小さく、厚みも0.8倍くらいの厚みとかなり小さいです。

ケチケチトリ

私の実測では縦570✕横570✕厚み140mmでした。

存在感(設置スペース)がなければ無いだけ良いアイテムなのでメリットと感じました。

設定が簡単で安定感がある

STEP6-1

今回設定する中で全く手間取る要素がなかったです。よくあるのが

  • Wi-Fiを検知しない。
  • 端末自体を検知しない。

などはこの手の端末のあるあるなのですが、そういったことが全くと言っていいほどありませんでした。

温度センサーがある

STEP9-2

温度センサー搭載で追加でアイテムを設置したりしなくても、温度を検知してオートコントロールすることが可能です。

当然、室温も分かるのでスマートスピーカーで温度をお知らせさせることも可能です。

リモコンの細かい機能に対応していた(我が家の場合)

これは記憶させる家電のリモコンとNatureRemoとの相性の問題なので万人に言えるメリットではないですが、私の場合にはかなり細かくリモコンを読み取ってくれました。

例えば私の部屋の照明は「全灯」「常夜灯」なども標準のリモコンで可能なのですが、Switchbotではどちらも機能できずON/OFFだけのコントロールでした。

しかし、NatureRemoならそのどちらもコントロール可能でした。

ケチケチトリ

ただし、全灯は挙動がおかしいので、あくまでコントロール的に反応したってレベルですが…

気になったところ

デメリット

正直かなり満足度の高い商品ですが、少しだけ気になった点を2点挙げます。

給電がUSB-microB

USB-microB

基本的に充電したり、向き差しがある商品ではないのでそこまで問題ではないですが、万が一、断線したり、長さの異なるケーブルと交換したいときに今や汎用性が悪くなってきたこの規格のポートで無いほうが良いなと感じました。

稼働ランプが側面後方

NatureRemoランプ

この点はメリットとも言える部分ではあるのですが、稼働ランプが側面後方にあります。

しかもかなり小さいので、目立たないので稼働しているのかわかりません。

ただ、裏を返せば目立たないので「視界の邪魔になりにくい。」とも言えます。

ここは感覚論かもしれませんね。

SwitchBot Hub Miniとの比較

SwitchBotハブミニ
SwitchBot公式より引用

基本的にできることは赤外線リモコンを記憶して家電をコントロールする。

という点では同じですが、細かな違いがあります。

商品Switchbot Hub MiniNature Remo mini 2 Nature Remo 3
価格3,980円5,980円9,980円
設定のスムーズさ良いとても良いとても良い
機能拡張の柔軟性非常に豊富ほぼ無いmornin’ plus
Qrio Lock
サイズ650✕650✕200mm570✕570✕140mm740✕740✕179mm
赤外線あるあるある
Bluetooth非搭載搭載
※設定補助機能のみ
搭載
温度 他のデバイス連携で可能 搭載搭載
湿度 他のデバイス連携で可能 非搭載搭載
照度非搭載非搭載搭載
人感他のデバイス連携で可能非搭載搭載
GPS非搭載搭載搭載
Amazon販売ページ詳細を見る詳細を見る 詳細を見る
ケチケチトリ

温度や湿度と連携したい。かつ設置場所に困らないならSwitchbotの温湿度計とのセット(4,760円)を購入したほうが安くて湿度センサーも搭載できますね。

単体機能を見ると、どちらも一長一短ですが性能面を踏まえた選択方法を提案します。

SwitchBotがおすすめな人
  • スマートリモコンをまずは入門機として導入したい人
  • 少しずつ自分の用途に合わせて機能拡張をしたい人
NatureRemoがおすすめな人
  • Wi-Fiの設定などが苦手で設定を簡単ににしたい人
  • NatureRemoだけで自分のやりたいことが全てまかなえる人
  • GPSに依存するオートメーションを活用したい人

まとめ

NatureRemo
NatureRemo公式より引用

今回はNature Remo mini2のレビューとSwitchbotとの比較をしました。

今回私はNatureRemo mini2を導入しましたが

  • 部屋がもう少し広かったら
  • Switchbotのリモコン学習が私の部屋の照明との親和性が良ければ

この2つの要件が見合えばSwitchbotのまま運用していたと思います。

このスマート赤外線リモコンはスマートホーム化の1番代表的なアイテムなので、自分にあうものを選びたいですね。

選ぶ基準の一つとしてNatureRemoはホームページに代表的な対応家電の記載がありますので、そのあたりも参考にしたいただき、どちらが自分の環境やスキルに適しているかを考えるのがベターです。

それでは良いお買い物を!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる