\ 楽天お買い物マラソン!ポイント最大45.5倍! /詳細を見る

SOUNDPEATS GoFree2 オープンイヤーイヤホンレビュー ハイレゾ対応高音質モデル

  • URLをコピーしました!

耳を塞がないイヤホン愛好家のトリダイです。

耳を塞がないイヤホンの最大欠点はなんだと思いますか?

「音質」

と答える人が多いのではないでしょうか?

確かにこれまでの私のレビューでも耳を塞ぐ一般的なイヤホンに近いものの方が高音質である印象があります。

しかし、今回ご紹介するSOUNDPEATS GoFree2はなんとハイレゾ認証取得済み、高音質で定評のあるコーデックLDACに対応していたりと音質に妥協のない性能となっています。

メリット
デメリット
  • ハイレゾ認証取得済み、LDAC対応で再生機器のよっては高音質で楽しめる
  • マルチポイント対応
  • 付け心付け心地がよく長時間の装着も苦にならない
  • コスパがいい
  • マルチポイントの切り替えが少し弱い
  • 装着感はいいがその分、運動の種類によっては外れる可能性も
  • 本体のタッチ操作を変更できない
  • 音源がしばらく再生されていないと何度もアナウンスが流れる
この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
  • ズボラ、手が小さい、皮膚弱い、イヤホンが苦手
この記事がオススメな人
  • 耳を塞がないイヤホンでも音質に妥協をしたくない
  • コスパのいい耳を塞がないイヤホンを探している
  • 多機能な耳を塞がないイヤホンを探している人

こちらの記事はSOUNDPEATS 様より商品をご提供いただき作成しております

目次

総合評価

評価

それでは総合的な評価をまずはつけました。

比較項目5段階評価
音質
(4 / 5.0)
マイク品質
(4 / 5.0)
本体の操作性
(4 / 5.0)
装着感(不快感の無さ・取り回し)
(4 / 5.0)
機動性(防水・外れにくさ)
(3 / 5.0)
ペアリングのしやすさ(切り替え含む)
(3 / 5.0)
アプリの使用感
(3.5 / 5.0)
総合評価平均
(3.6 / 5.0)
5段階評価です

私が使用してみての総合評価です。

散財くん

音質面の評価は高いけど細かい取り回しや使い勝手で厳しい評価だね。

音質はデフォルトでも比較的万人ウケするバランス位の取れた音だと感じました。

ただ、プリセットのイコライザやカスタムイコライザでの設定の範囲が弱いので、デフォルトの音質が好みではない人からすると評価が低くなるかもしれません。

また、装着感や操作性は非常にいいのですが、マルチポイント時のペアリングの弱さというか不安定さのようなものを感じたのが少し残念でした。

とはいえ、この音質と付け心地、使い勝手の良さでこの価格の製品はなかなか無いので非常にコスパの良い商品だと言えますね。

基本情報

まずは基本情報をご紹介します。

スペック

項目機能
価格7,880円
カラバリブラックのみ
接続Bluetooth標準規格 Ver5.3
コーデックAAC、SBC、LDAC
マルチペアリング2台
マルチポイント対応
連続再生時間再生時間9時間。
ケース充電併用で最大35時間
片耳再生対応
重さ片耳 約9g
本体サイズ(縦・横・高さ)49.84mm x 38.56mm x 22.24mm
ケースサイズ(縦・横・高さ)84.4mm x 65.3mm x 28.9mm
防水性能IPX5
専用アプリあり
ワイヤレス充電非対応

非常に優秀な性能をしていますね!

カタログスペックで言えば、2万円台や3万円台の機種とも見劣りしないような機種となっております。

特に非常に長いバッテリー駆動時間やLDAC対応は魅力的ですね。

散財くん

ワイヤレス充電は非対応ですが、充電端子はUSB-Cなので他の機器と合わせて充電しやすいですね。

同梱物

同梱物は

  • 本体ならびにケース
  • 短いUSBA to USBCケーブル
  • ファームウェアアップデートの案内の紙
  • 取扱説明書

以上となっています。

説明書は日本語にもバッチリ対応していますね。

サイズ感・重量

サイズを有名メーカーShokzのOpenfitと比較してみました。

やはりGoFree2の方が大型のドライバーやバッテリーを搭載しているせいか、少しゴツいですね。

10円玉と比較したところも撮影してみました。耳に当たるスピーカー部分は10円玉サイズだと言うことがわかるかと思います。

ケチケチトリ

少し大きいと感じる人がいるかもしれませんが、耳につけるとそこまでサイズ感は気にならないと思います。

実際に装着したところは下↓で写真付きで紹介しています

ペアリングのしやすさ・安定性

音質サウンド

ペアリングについて少し詳しくご紹介をさせていただきます

ペアリングのしやすさ

本体をケースから出せばすぐにペアリングモードになるので、あとは接続する端末側でGoFree2を選ぶだけです。

ケチケチトリ

とても簡単ですね!

マルチポイント・ペアリングの切り替え

GoFree2はこの次のご紹介するマルチポイントに対応しています。

マルチポイント接続をするには必ず「SOUNDPEATS」のアプリを入れる必要があり。ここで設定をオンにする必要があります。

ケチケチトリ

アプリを増やすことに抵抗がある人もいるので、マルチポイントはアプリなしでもできると良かったと思いますね。

今回、私はiPhoneとMacでマルチポイントをして接続をしましたが、プレーヤーの種類によては音源の切り替えがうまくいかないことがありました。

例えば音楽プレーヤーでiPhoneで音楽を流しているのをやめてMacで音楽を流すといった使い方ではスムーズにペアリングの移行がされたのですが、Macで動画を再生していて、その再生を停止してiPhoneで音楽を流した場合にペアリンgふが切り替わらないことが度々ありました。

ケチケチトリ

他社のマルチポイント対応のイヤホンだとそういった引っ掛かりは少ないので、ちょっと残念ポイントですね。

あと、しばらく再生機器から音源が流れていないと、大きな音声で「ディスコネクティッド!」と流れるのでそれも個人的にはマイナスポイントですね。

装着感や運動時の安定性

実際に装着したところです。

メガネもかけていますが、メガネだけならばそこまで干渉することはなかったです。

散財くん

存在感はまずまずあるね。

長時間使用時の不快感

この機種は耳にかける部分のイヤーフックがかなり柔らかいです。

おかげで長時間の装着でも不快感はかなり少なかったです。

長時間装着する人にとってはかなり嬉しいポイントですね。

スポーツ利用時の安定感

試しにGoFree2を装着したまま、自宅の外周を少しランニングしましたが、外れることはなかったですし、外れそうになることもなかったです。

ただ、ランニングのような縦揺れには強いですが、優しいつけ心地のせいか横揺れには弱い感じがしましたので、スポーツの種類によっては気をつけた方がいいと感じました。

散財くん

ランニングやマラソン、ウォーキングのお供としてはいいね!

音質

音質はデフォルトでもかなり良いです。

この手のイヤホン特有の少しこもった感じはありますが、重低音がしっかり響いて好きな人はデフォルトでも十分満足のいく音だと思います。

アプリを利用することでプリセットのイコライザ9種類か手動で調整のどちらかを選択して調整をすることができます。

しかしながら、この調整はそこまで強く無いので、大きくデフォルトから音質を変えることはできませんでした。

あと、この機種はゲームモードを搭載しています。

少し使ってみましたが、目まぐるしい効果音などであれば遅延軽減の効果はある気はしますが、通常の人の話し声などは変に反響音がしているような音声になるため、かなり使用シーンが限られる機能だと感じました。

マイク性能

実際の音声を聞いてみてください

通話時のノイズ除去機能も搭載していて、音質は悪く無いと感じました。

通常の会議時のマイクとしてやランニング中の急な電話にも十分対応できると感じました。

少しこもったように感じる人もいるかもしれませんが、この手のワイヤレスイヤホンとしては良くも悪くもこのくらいが普通ではありますね。

ケチケチトリ

良くも悪くもこの手のイヤホンの「普通」といった感じです。少しだけこもったような印象を受ける人が多いかもしれません。

本体の操作性 

本体操作は物理ボタンではなく、タッチセンサーによる操作になります。

操作の割り当てが豊富で左右のタッチ操作だけでほとんどのことが完結します。

ケチケチトリ

音量調整や曲の再生一時停止、曲のスキップができれば通常遣いで困ることはないと思います!

ただし、強いてあげるならば、このコントロールの設定はユーザーによるカスタマイズが一切できませんので、操作感にこだわりがある人にとってはマイナスポイントになるかもしれませんね。

SOUNDPEATS GoFree2 がオススメな人

AorB
音質
イマイチ
良い
使用感
イマイチ
良い
装着感
悪い
良い

長時間、映画や音楽を聴く人

このような人にはめちゃくちゃオススメできる機種だと感じました。

長時間装着しても負担にならない装着感の良さや高音質ながらもクセは少なく耳に優しいので、長時間のコンテンツ再生には非常に向いていますね。

逆に短時間のコンテンツを色々な機種で視聴したり、作業に一度入ると無音でイヤホンを使用しない時間が長くある人には不向きな点が目立ちました。

例えばマルチペアリングの不安定さや音源が流れていない時の切断アナウンスなどはかなり気になりました。

まとめ

SOUNDPEATS GoFree2
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • ハイレゾ認証取得済み、LDAC対応で再生機器のよっては高音質で楽しめる
  • マルチポイント対応
  • 付け心地がよく長時間の装着も苦にならない
  • コスパが非常に良い
デメリット
  • マルチポイントの切り替えが少し弱い
  • 装着感はいいがその分、運 助の種類によっては外れる可能性も
  • 本体のタッチ操作を変更できない
  • 音源がしばらく再生されていないと何度もアナウンスが流れる

非常に優秀でコスパの良いイヤホンだと感じました。

特に音質面では何倍もする価格帯のイヤホンと大差がないものを感じました。

その反面、マルチポイントの安定性やゲームモードがイマイチだったりと付加機能の作りの弱さを感じる部分が目立ちました。

ただ、この点に関しては今後のアップデートなどで改善する余地もあるので、期待したいところですね。

それでh、良いお買い物を!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次