\ 楽天お買い物マラソン!ポイント最大45.5倍! /詳細を見る

サウンドピーツ「RunFree」レビュー!コスパと音質がいいオープンイヤー型イヤホン

runfree
  • URLをコピーしました!
散財くん

イヤホンを使うと耳や頭が痛くなる!

そんなあなたが、耳に負担のないイヤホンが欲しくて最初に行きつくのが骨伝導イヤホンって人も多いのではないでしょうか?

定番の耳を塞がないイヤホンエントリーモデル

散財くん

骨伝導で有名なShokzだと大体1万円超えだよね。

ケチケチトリ

今回紹介する耳を塞がないイヤホンはさまざまな機能がてんこ盛りなのにコスパもものすごくいいよ!

高機能・高コスパの耳を塞がないイヤホン

メリット
デメリット
  • マルチペアリング・マルチポイントに対応していてこの価格帯はコスパ最高
  • 付け心地が非常に優しい
  • ペアリングの安定性が非常にいい
  • 本体が少しゴツい
  • 電源ボタンの感度が悪い、またボタンが3つ密集して押すときに干渉数するので操作性が少し悪い
  • 音漏れは結構感じる
この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
  • ズボラ、手が小さい、皮膚弱い、イヤホンが苦手
この記事がオススメな人
  • 長時間イヤホンをつけるのが苦手な人
  • パソコンとスマホの両方に
  • 多機能な耳を塞がないイヤホンを探している人

こちらの記事はサウンドピーツ様より商品提供いただいて作成しております

目次

総合評価

評価

それでは最初に総合的な評価です。

比較項目5段階評価
音質
(4 / 5.0)
マイク品質未検証
本体の操作性
(3 / 5.0)
装着感(不快感の無さ・取り回し)
(4 / 5.0)
機動性(防水・外れにくさ)
(3.5 / 5.0)
ペアリングのしやすさ(切り替え含む)
(4.5 / 5.0)
アプリの使用感
(4 / 5.0)
総合評価平均
(3.8 / 5.0)
5段階評価

基本的には非常に使いやすくクセも少ないです。

ただ、全体的に本体が大きく、取り回しはちょっとしにくいと感じる人が多いのではないでしょうか。

基本情報

項目機能
価格5,600〜6,600円程度
カラバリブラック
接続Bluetooth標準規格 Ver5.3
コーデックSBC、AAC
マルチペアリング2台
マルチポイント対応
連続再生時間再生時間14時間
片耳再生
重さ約31g
本体サイズ(縦・横・高さ)134mm x 107mm x 48.2mm
防水性能IPX4
専用アプリあり
ワイヤレス充電非対応
USB-Cによる有線充電のみ

この手のイヤホンとしては可もなく不可もなくと言ったスペックです。

ケチケチトリ

マルチペアリング・マルチポイントへの対応は素晴らしい!

同梱物

  • 本体
  • USB-C to Aケーブル
  • 取扱説明書
  • アプリ説明書

充電ケーブルは短めなので机などに設置する場合には別のものを買い直した方がいいかもしれません。

取扱説明書は少し分厚いですが、多言語対応していますね。

サイズ感・重量

左がsoundpeats「RunFree」で右がshockz「OPEN MOVE」

最初にも買いた通りサイズは少し大きめです。

shockz「OPEN MOVE」は比較的標準的なサイズ感なのですが、それよりも一回りほど大きい印象ですね。

メーカの公表値通り31gでした。

大きさの割にはそこまで重くはないと言った印象です。

ペアリングのしやすさ・安定性

音質サウンド

ペアリングのしやすさや切り替えは何か便利な工夫があるわけではないが、普通にできると言ったところです。以下で詳しく解説します。

ペアリングの切り替え

機種によってはアプリなどで切り替えができる様な機種もありますが、この機種は個々の機器のBluetoothの設定から切り替えを行います。

ケチケチトリ

とはいえ、マルチポイントに対応しているので、2台までの機器なら自動で切り替わるので、困りませんが…

マルチポイント

なんとこの機種は2台までならマルチポイント対応していました。

そこまで完全に綺麗に再生機器が切り替わるかと言われればそうではないですが、片方の機器の音源をキッチリ止めればスムーズに切り替わってくれますね。

ケチケチトリ

マルチペアリングやマルチポイントが搭載されている機種が少ないのでこの価格帯としてはすごい!

装着感や運動時の安定性

装着した感じはこんな感じです。

メガネをつけてみましたが干渉もしないので問題ないですね。ただ、存在感は結構ありますね。

長時間使用時の不快感

これはものすごく快適でした!

数時間つけっぱなしでしたが全く耳が痛くなりませんでした!

イヤホンの不快感が気になる人は凄くいいかも!

スポーツ利用時の安定感

軽くジョギングしてみましたが、意外と安定していました。

スポーツ時の利用にもおすすめできます。

ケチケチトリ

ただ、防水性能はそこまで高くないので、そこは注意ですね!

音質

音質

16.2mmの大型ドライバー搭載ということで、迫力は確かにでますが細かな音や楽器音が潰れている感はありますね。

ケチケチトリ

この点は耳を塞がないオープンイヤーや骨伝導の宿命かもですね。

また、この後に紹介する専用アプリで音質の調整をすることができるので、多少自分好みに近づけることはできます。

本体の操作性

画像だと少し見にくいですが、3つの操作ボタンが右耳に集中しています。

上から

  • 音量アップ
  • 電源
  • 音量ダウン

となっています。

操作できる幅は非常に広いのですが操作性はイマイチです。

ボタンが結構硬いので、かなり強めに耳に押しつける形になります。また誤操作防止のためか真ん中の電源ボタンがかなり固く反応が悪く感じました。

ケチケチトリ

ボタン同士が密集していて押すときに干渉しやすい点もマイナスポイントかな

アプリの使用感

このイヤホンには専用アプリがあり細かな設定ができます。

専用アプリでできること

  • バッテリーの残量確認
  • ボリュームコントロール
  • イコライザー設定(プリセット、細かく設定)
  • ゲームモードのオンオフ

バッテリー残量

表示はシンプルでわかりやすいですね!

設定メニュー

イコライザー

ケチケチトリ

正直、イコライザーを自分好みのカスタムは全然、変化を感じませんでしたが、プリセットはしっかり変わってくれますね!

あと、アプリインストール時にメールアドレスを入力しないといけないことが、アプリの評価をかなり下げている様です。

まとめ

サウンドピーツ RunFree
総合評価
( 4 )
メリット
  • マルチペアリング・マルチポイントに対応していてこの価格はすごい
  • 付け心地が優しい
  • ペアリングの安定感が高い
デメリット
  • 本体が意外とゴツい
  • 電源ボタンなどの操作ボタンの感度が悪い、操作がしにくい
  • 音漏れはそれなりに感じる

総合的に見て、耳を塞がないイヤホンの中ではとてもレベルが高い商品だと感じました。

短期利用なので耐久性の面などはまだ不明ですが、この価格でこれだけの性能を持ち合わせているのでコスパは非常にいい機種です。

耳を塞がないイヤホンの入門機としてぜひお勧めしたい機種ですね。

それでは、良いお買い物を!

スポンサーリンク




runfree

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次