Touch ID付き「Apple マジックキーボード」レビュー メリット・デメリット

Touch ID対応キーボード
  • URLをコピーしました!




Appleの純正キーボードって実際どうなの?

散財くん

ロジクールやHHKBとかのキーボードを押している人は結構見るけどアップルのキーボードを使っている人少ないから実際の使用感はどうなの?

Touch IDはすごくいい
Touch IDはめっちゃ便利

というわけで実際にAppleのキーボードを実際に購入して使用してみました。

ここが良かった!
ここが気になった
  • 見た目がMacに馴染み、カッコいい
  • Macならすぐ繋がる
  • TouchIDによる認証はスピーディで便利
  • 本体はめちゃくちゃ軽くて薄い
  • 非常に軽い打ち心地は好みが分かれる
  • 本体が軽いため、机の材質によっては本体がタイピングだけで滑る
  • fnキーの位置が使いにくい
この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
  • ズボラ、手が小さい、皮膚弱い、イヤホンが苦手
この記事がオススメな人
  • AppleのMagic keyboard(TouchID付き)の使用感が知りたい。
  • Macで使う外付けのキーボードを探している。
  • 使い心地の良いキーボードを探している。

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」を購入した理由

私は自宅では主に外部ディスプレイに接続してMacを利用しています。

その際に不便に感じるのが、ログインや各種認証です。

散財くん

毎回、パスワード入力するのは面倒!

MacBookProのキーボードにあるTouchIDならば指を「ソッ」と添えるだけで、認証が完了するので、めちゃくちゃ便利です。

それをこの純正のTouchID搭載のキーボードならば外付けでも可能にしてくれるんです。

目次

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」のサイズ感・重さ・打鍵感

キーボードデザインApple-Silicon マジックキーボード
キー方式パンタグラフ
サイズ高さ:0.41~1.09 cm
幅:41.87 cm
奥行き:11.49 cm
重さ369 g
給電内蔵バッテリー(連続使用約1ヶ月)
ポートLightningポート(ペアリング&充電用)
同梱物USB-C – Lightningケーブル
マルチペアリング非対応
システム要件AppleシリコンとmacOS 11.4以降を搭載したMac

今回購入したのはフルサイズタイプです。

散財くん

フルサイズしかないけど、ブラックのキーはめちゃくちゃカッコいい!

私は事務作業をすることが日ごろから多いので、テンキーを使うことに馴染んでいるので、フルサイズを選びました。

本体のサイズは一般的なフルサイズキーですね。

テンキーレスもあります。人気なのはこちらですね。

まず最初に持ち上げたときの感想は

軽い!!

でした。

それもそのはず、自分が普段使っているMXKeysと比較すると

  • MXKeys・・・約810g
  • Apple Magic Keyboard・・・約369g

こんなに差があります。

打鍵

打鍵感はペチペチ感が強いです。

押したという感覚すら無いくらいフラットな感じで、好みが分かれると思います。

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」の良かった点

メリット

私が利用して感じた「良かった!」点をご紹介します。

Macと馴染むデザインでカッコいい

MagicKeyboard-ブラックトップ

写真を見ても分かる通り、シルバー地にブラックノキートップは凄くMacと馴染みますし、カッコいいです。

デザイン的にはトップクラスだと感じました。

ケチケチトリ

このブラックのキートップはフルサイズキーボードのみですね。

接続は優先と無線どちらでも簡単にできる

有線で繋ぐ
有線で1度Macと繋ぐとペアリング完了

接続方法は2通りでどちらも簡単です。

  • 付属のUSB-C – LightningケーブルでMacと繋げるとペアリング完了(以降はBluetoothで自動接続)
  • Macのシステム環境設定のBluetoothからMagic keyboardを選ぶ

どちらの方法でも簡単に接続できすね。

ワイヤレスで設定する場合にはキーボードの電源をオンにして、システム環境設定→Bluetoothから設定可能です。

わざわざペアリングモードにしたり等の手間もないのでメチャクチャ簡単です。

TouchIDによる認証は唯一無二スピーディで便利

Touch ID

このキーボードの最大の強みともいえるのではないでしょうか。

とにかくあらゆるパスワード認証が指1つで完結します。

Touch IDで簡略化できること

  • Macのロックを解除する: このMacをスリープ解除するときにTouch IDを使用してロック解除します。
  • Apple Pay: Touch IDを使用してこのMacでApple Payを使用して行う購入を完了します。
  • iTunes Store、App Store、およびApple Books: Touch IDを使用してこのMacでAppleオンラインストアから行う購入を完了します。
  • パスワードを自動入力する: Safariおよびその他のアプリケーションで要求されたときに、Touch IDを使ってユーザ名とパスワードを自動入力したり、クレジットカード情報を自動入力したりできます。
  • ファストユーザスイッチ: Touch IDを使用してこのMacのユーザアカウントを切り替えます。

この恩恵は他のキーボードでは得られない要素なので、このTouch IDのみを目的として購入するのも悪くないと思います。

キーボードは他の自分の沖サン ?にい入りのものを使い、認証だけMagic Keyboardを使うスタイル

ケータイウオッチより
ケータイwatchより引用

本体がとにかく軽くて薄い

薄い

とにかく薄くて軽いです。

力を加えればすぐに曲がってしまいそうなくらい薄い。

省スペースでキーボードを管理したい人にはとてもうれしい要素です。

ケチケチトリ

テンキーレスならモバイル要素でも活躍しそうですね!

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」の気になった点

デメリット

個人的に気になった点は3つありますので、細かく解説していきます。

非常に軽い打ち心地は好みが分かれる

とにかく打ち心地は軽いです。

キー自体も浅い点もありますし、本体も薄く、軽いことがそれに拍車をかけている感じがします。

これはかなり、好みが分かれそうです。

本体が軽いため、机の材質によっては本体がタイピングだけで滑る

傾く
少し強めにタイピングすると滑る

机の材質や打鍵の強さにもよりますが、私の場合にはキーボード自体が左右にブレたり、前後に動いたりと非常に困ったことになりました。

ケチケチトリ

私は少し強めにタイピングするので、余計に滑りやすかったです(汗)

ゴム足をつけたり、デスクマットを敷くことで対処はできるとは思います。

薄型の滑り止めのゴム足

レザーデスクマット

fnキーの位置が使いにくい

fnキー

これは個人的に使い勝手の問題ですが、このキーボードは「fn」(ファンクション)のキーがスペースキーの横並びにはありません。

そこまで頻度高く使うキーではないですが、F1やF2などのFキーをメディアキーとして使うことがあり、その際に右下や左下にないとすごく違和感を感じることがありました。

ケチケチトリ

個人的には結構気になりました。

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」がおすすめな人

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 見た目がMacに馴染み、カッコいい
  • Macなら接続がめちゃくちゃ簡単
  • Touch IDによる認証はスピーディーで唯一無二
  • 本体がめちゃくちゃ軽い
デメリット
  • 打ち心地が軽すぎて好みが分かれる
  • 本体の重量も軽いためタイピングで本体が滑ることがある
  • fnキーの位置が使いにくい

Touch IDは確かに非常に便利ですが、打鍵感や打ち心地を重視する人にはちょっと物足りない部分もあるかもしれません。

Apple Silicon対応「Apple Magic Keyboard」がおすすめな人
  • Macとの見た目も含めた親和性を重視する人。
  • キーピッチが浅いノートパソコンのようなキーボードが好きな人
  • Touch IDによるセキュリティ解除のスムーズさを何よりも重視したい人

こういった人にはとてもおすすめの機種になります。

購入先はApple直販以外(Amazonや楽天、家電量販店)の方が値段自体は安いですが、返品交換不可になるのと、結局修理となるとAppleでしか対応できないので、その点だけは注意してください。

それでは、良いお買い物を!

スポンサーリンク




Touch ID対応キーボード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次