\ 楽天お買い物マラソン!ポイント最大45.5倍! /詳細を見る

cheero CHE-645使用感レビュー!お手軽価格の耳が痛くならないイヤホン

  • URLをコピーしました!

耳への負担をとにかく避けた快適なイヤホンを探し求めているトリダイです。

最近、耳を塞がないイヤホンもラインナップが増えてきて高性能だけど高価格のものも増えてきましたよね。とはいえ

  • サクッと短時間、手軽に聴きたい
  • もっと安価な耳を塞がないイヤホンが欲しい
  • 音質よりも快適に長時間装着しても苦痛にならないイヤホンが欲しい

このような希望の人もいるのではないでしょうか?

今回ご紹介するイヤホンはとにかく価格とつけ心地に全振りした!そんなイヤホンとなっております。

参考価格:2,980円 (2023年12月時点 楽天市場)

メリット
デメリット
  • 軽い付け心地で長時間付けていても気にならない
  • ケースもコンパクトで軽い
  • カラバリが豊富
  • 価格がかなり安い
  • マルチペアリング、マルチポイントに対応していない
  • 音質がかなり軽く、音楽を楽しむには物足りない
この記事の筆者

<PROFILE>

  • 元家電量販店スタッフ
  • Mac・通信コーナー責任者
  • Mac使用歴12年
  • Apple Sales Professional
  • ズボラ、手が小さい、皮膚弱い、イヤホンが苦手
この記事がオススメな人
  • アクセサリー感覚で目立たずに使用できるイヤホンを探している
  • とにかく軽い付け心地のイヤホンを探している
目次

総合評価

評価

まずは総合的な評価です。

比較項目5段階評価
音質
(2 / 5.0)
マイク品質
(3 / 5.0)
本体の操作性
(4 / 5.0)
装着感(不快感の無さ・取り回し)
(5 / 5.0)
機動性(防水・外れにくさ)
(5 / 5.0)
ペアリングのしやすさ(切り替え含む)
(1 / 5.0)
アプリの使用感アプリなし
総合評価平均
(3.3 / 5.0)

使用用途がかなり限定される機種だと感じました。

むいている用途
不向きな用途
  • 人のトークメインのコンテンツ
  • オーディオブックなどの試聴
  • スポーツ時のながら聴き
  • 音楽鑑賞
  • 映画鑑賞
  • ゲーム用途

とにかく付け心地重視の機種になります。また値段が安いのも魅力ですね。

ケチケチトリ

アクセサリー感覚で装着できるオシャレさと軽い付け心地が非常に魅力ですね。その反面、音が軽く低音が全く感じられないですね…

散財くん

イヤホンって音楽を聴く人が多いだろうし、その音質がイマイチだとかなりユーザーを選びそうだね。

CHE-645の基本情報

cheero公式より出典

まずは基本情報をご紹介します。

散財くん

この広告もオシャレだね!

スペック

項目機能
価格2,980円
カラバリホワイト、ブラック、ミント(淡緑)、ピンク、ブルー
接続Bluetooth標準規格 Ver5.3
コーデックSBC、AAC
マルチペアリング非対応
マルチポイント非対応
連続再生時間再生時間4.5時間。
ケース充電併用で最大19.5時間
片耳再生対応
重さ片耳 約3.6g
ケースサイズ(縦・横・奥行)約41×67×23mm
防水性能IPX5
専用アプリあり
ワイヤレス充電非対応

細かい用語や規格の確認はコチラ

特別な特徴やメリットは少ない機種ですね。ただし、使用用途を限ればコスパも良い付け心地のいいイヤホンになるとも言えますね。

ケチケチトリ

マルチポイントやマルチペアリングがないのは複数端末を使うユーザーにとってはかなりのマイナスポイントになる可能性がありますね。

同梱物

  • 本体
  • ケース
  • USB-C to Aケーブル(15cm程度)
  • 取扱説明書
  • クリーニングクロス

最低限必要なものはそろっていますね。

説明書も無難に各部位の説明やペアリングなどの方法も網羅されていました。

サイズ感・重量

サイズ感はかなり小さい部類になります。

もちろん重さもサイズに比例して軽いです。

筆者の計測では4g

公表値は3.6gですが私の計測では4gでした。

とはいえ、装着時の体感はそこまで差はないと思います。

ケチケチトリ

とにかくめちゃくちゃ軽いし、つけていることを忘れることもしばしばありました!着け心地はやはりいいですね。

ペアリングのしやすいが機器の切り替えは面倒

音質サウンド

次にペアリングのしやすさや安定性をご紹介します。

ペアリング自体は非常にシンプルで簡単です。

  • ケースから本体左右とも取り出す
  • ペアリングモードに自動でなるのでCHE-645を接続する機器側で選択する

この2ステップで接続が完了します。

しかしながらマルチポイント・マルチペアリングに対応していないので、機器の切り替えがかなり面倒になります

別の機器に接続し直す場合

  • 現在接続している機器のBluetoothをOFFにする。
  • 一旦、イヤホンをケースに戻しケースを閉じる
  • イヤホンを再度取り出しペアリングモードにする
  • 新たに接続する機器のBluetoothをONにし、機器側でペアリングを行う

装着感や運動時の安定性

耳を塞がないイヤホンやはり付け心地って大切ですよね。

実際の長時間使用時やスポーツ時の安定感をご紹介します。

ケチケチトリ

このイヤーカフ型のイヤホンはとにかく付け心地がいいのが特徴!

長時間使用時の不快感

やはりイヤーカフ型は本当にストレスフリーです!

本体が軽いこともあり、長時間の着用でも耳が痛くなるなどの症状は全く出ませんでした。

ケチケチトリ

付けていることを忘れて、ベットに入ったことがなん度かありました!それほど自然です。

スポーツ利用時の安定感

耳にかませて固定するので、走っても大きく動いても全く問題ありませんでした。

個人的には運動時のながら聴きとしての使用はオススメできる使用方法だと感じました。

音質

ハッキリ言って音質はイマイチです!

特に音楽や映画などの鑑賞には不向きです。

ケチケチトリ

先にも書いた通り、音質があまりに軽く重低音は本当に聞こえません。マジでスカスカな音質です。

マイク性能

実際のマイク品質は動画にて確認していただければと思います。

マイク品質としては少しこもった感が強い印象を受けました。ただ、他の耳を塞がないイヤホンと比較してものすごく悪いかと言われたらそこまでではないと言った印象です。

ただし、ノイズキャンセリングなどの機能は一切ないので、静かな場所などかなり環境が良くないと使いにくいのではないでしょうか。

本体の操作性

本体の操作性は意外に良くできていて、ひと通りのことはできます。

ケチケチトリ

左右の耳の後ろ側にくる部分に物理ボタンが内蔵されています。

右側のボタン

  • 1回・・・再生・停止
  • 2回・・・次の曲へスキップ
  • 3回・・・音声アシスタント
  • 長押し・・・ボリュームアップ

左側のボタン

  • 1回・・・再生・停止
  • 2回・・・曲の先頭に戻る(さらに連続操作すると前の曲へ)
  • 3回・・・音声アシスタント
  • 長押し・・・ボリュームダウン

アプリがないので仕方ないですが、もう少し個人の好みにカスタマイズできた方が良かったですね。

cheero CHE-645がオススメな人

  • ラジオやオーディオブックなど人の声中心のコンテンツを利用することが多い人
  • イヤホンをしていてもオシャレさを失いたくない
  • コスパの良さと付け心地の軽さを両立したい

この様な人に向いているイヤホンだといえます。

それぞれの理由を詳しく以下で解説していきます。

ラジオやオーディオブックなど人の声中心のコンテンツを利用することが多い人

先にも書いた通りこのイヤホンは重低音がほとんど響かず非常に軽い音質です。

人の声は聞きやすいですが、音楽を聴くと非常に薄っぺらい音に聞こえるので、人の声中心のコンテンツ向きだと感じました。

イヤホンをしていてもオシャレさを失いたくない

この機種は一見するとイヤホンをつけているのかアクセサリーをつけているのかわからないような見た目です。メガネやピアスなどとも干渉しません。

また、カラバリも非常に豊富なので自分の好みや服装に合わせやすい点も大きいですね。

コスパの良さと付け心地の軽さを両立したい

この機種のもう一つの魅力は価格の安さです。

5,000円をきる価格でなので手を出しやすいですし、付け心地も非常に軽いので耳を塞がないイヤホンを1台サブとして持っておきたい人や、入門機としては非常にいいと思います。

まとめ

CHE-645
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 軽い付け心地で長時間付けていても気にならない
  • ケースもコンパクトで軽い
  • カラバリも豊富
  • 価格がかなり安い
デメリット
  • マルチペアリング、マルチポイントに対応していない
  • 音質がかなり軽く音楽などを楽しむには物足りない

価格も安く付け心地もいいので、使えるシーンがかなり広い機種だとは感じました。

価格的にも入門機としてもサブ機としても非常にいい選択肢になると思います。

それでは、良いお買い物を!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次