メニュー
スポンサーリンク




オフィスでのデスクワーク時の寒さから手元を温かくしてくれる「ヒーター内蔵マウス」レビュー

スポンサーリンク




会社のデスクで常に凍えているトリです。

特に四肢は氷のようになり我慢できません!

  • 会社のデスクでは自由に暖房器具を置けないので寒い。
  • 足元は靴下などで緩和できるが手元は保温するのが難しい。

そういった私と同じようなお悩みを持たれている方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では

  • オフィスでの手元の冷え対策としてヒーターマウスのメリット
  • 実際の使用感やメリット・デメリット
  • 今回購入したものと類似品の比較

このようなことが分かります。

この記事を読むとオフィスでも手元の寒さをきっと緩和できるかもしれません。

この記事がオススメな人
  • 冬場のデスクワークで寒さが辛い人
  • 手の指先が冷えて辛い人
目次

デスクワークで手元を温かくする方法

手が冷える

オフィスワークをしていると足元は靴下やデスク下のヒーターなどを設置することで温かくできることも多いですが、手元はなかなか温かくする手段が少ないですよね。

でも、手元って結構冷えませんか?

ケチケチトリ

手元も寒い!!かじかむ!

  • カイロは温かいがカイロを出したり手で握ったりすると作業が止まる。
  • 手袋をして作業をするのは周りの目が気になる。

一般的な対策だとこのような弊害が出てきます。

そこで私が目を付けたのは「ヒーター内蔵マウス」です!

ヒーター内蔵マウスのメリット・デメリット

今回私が購入したのはこちらの商品です。

値段は楽天で1,980円(税込み)2021年11月時点

購入理由

私はとにかく冷え性なので手足が冷たくなりがちです。

足元は足温器を貸してくれるのですが、手元はさすがに対策がないです。以前は電気カイロなども使っていたのですが、出したりしまったりが面倒だったり、充電は1日もちません。

ケチケチトリ

市販のカイロは外に出していると冷たくなってくるし、継続的に手を温めてくれて、作業の邪魔にならないものはないものか!?

そんな時に見つけたのがこのヒーター内蔵マウスでした。

使用感

実際に自宅のデスクで半日使用してみた使用をレビューしていきます。

結論としては私の場合では会社のデスクでも活躍してくれそうだと感じました。

サイズ感

手で持った感じ「少し大きめのマウス」といった感じです。ただ、ゲーミングマウス程の存在感やズッシリ感はありません。

上の写真は左から

  • ヒータ内蔵マウス
  • DELLのデスクトップPC付属のマウス
  • ロジクールのMX Anywhere 3

となります。サイズ感的にはよく会社で利用されているメーカー製のデスクトップPC付属のマウスとほぼ同じといった感じです。

MX Anywhere 3は小型タイプのマウスなので、それと比較すると大きく感じると思います。

操作性

マウスホイールが少し固いと感じましたが、許容範囲だとは思います。

マウスホイールの上にあるボタンは解像度変更用のボタンでマウスの感度を調整してマウスポインタがブレたり飛んだりするのを調節できます。

ケチケチトリ

このレベルのマウスにこの機能があることは珍しい!

メリット

温度調整コントローラー
  • デスクになじむ自然な形で手元を温めることができる。
  • 作業を中断せずに自然なかたちで手が温まる。
  • 温度調調節(HI、LOW、OFF)を選ぶことができる。

特に上の2点は恩恵がすごくありました。

ケチケチトリ

これでこの冬を乗り切ってやる!!

イマイチだと感じた点

ケチケチトリ

このサイドのライトもON・OFFできる様にして欲しかった。

  • LED内蔵で電源を入れるとライトが点く。(OFFにできない)
  • 副ボタン(戻るや進むが無い)
  • 構造上仕方ないが指先部分は温かくならない。
  • コントローラー部分が意外に大きい。

体感温度は個人差があるので一概には言えませんが、温度の部分は私くらいの冷え性でもう少し高くてもいいなと感じるので、軽い冷え性の方だと恩恵を感じにくいかもしれません。

追記:後日談

会社のデスクで活用してみたところ、かなり温かく感じました。やはり社内は思った以上に寒いのかもしれませんね。

類似品と比較

ヒーター内蔵マウスは今回私が購入したもの以外にもあります。

私が今回購入したものは一番左のモデルなので価格的には中間グレードとなります。

マウス
サンコー USBWMSE7

USBであったかいマウス

ヒーター内蔵あったかUSBマウス 
サイズ縦120×横63×高さ38(mm)縦100×横60(mm)縦110×横60×厚30(mm)
重量100g80g87g
カラーブラックのみブラック、レッド、グレー、ブルーブラック、シルバー
温度Low:35度
HI:40度
非公表38~45度
接続USB2.0 USB2.0 USB2.0
その他機能読み取り解像度変更ボタン
温度調節コントローラー
小型バッテリー内蔵で電気カイロになる(最大稼働時間2時間)
参考価格1,980円1,799円2,670円
詳細ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

口コミやスペックを比較して、オフィス利用で手を温めるという観点で見た際のオススメとしては以下のようになります。

オススメ度理由や注意点
1位: サンコー USBWMSE7 温度の高さと値段のバランスがいい。デメリットとしては内蔵のライトがオフィスでは目立つ可能性がある。
2位: ヒーター内蔵あったかUSBマウス  少し値段は上がるがスペック上での最高温度は一番高く、温度上昇速度も速い。バッテリーが劣化してきた際の挙動に不安がある。
3位: USBであったかいマウス 小型なので持ち運び用としてはいいと思う。口コミを見る限り他の製品よりも最高温度は低いのかもしれない。

まとめ

今回はデスク作業時に利用できる「ヒーター内蔵マウス」をご紹介しました。

冷え性でデスク作業中も手がかじかむ。そんな人にはかなり嬉しいアイテムだと思いますので、手が冷えてお困りの方はぜひ導入されてみてはいかがでしょうか。

それでは良いお買い物を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる